本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



陰謀論やフェイクニュースを信じ、党派的な議論や認知バイアスに陥って、結論を誤る原因とは? ハーバード大学の人気講義が教える、理性の働かせ方を解説した『人はどこまで合理的か』より一部抜粋、再構成してお届けします。8つの事象がそれぞれ今後10年内に起こる確率は?予測事業は今や一大ビジネスに成長している。...
別窓で開く

2度目の東アジア制覇&W杯へアピールを! E−1へ選出の日本代表26名一挙紹介
7月19日に開幕するEAFF E−1サッカー選手権2022決勝大会。2019年以来となる第9回大会は日本で開催となる。 男子の日本代表は2度目の優勝を目指し、19日に香港代表と茨城県立カシマサッカースタジアムで、24日は中国代表、27日は韓国代表と豊田スタジアムで対戦する。東アジアの頂点を決める大会...
別窓で開く

北朝鮮から外交官ら「脱出」続々 ロシア外交官はSNSで嘆き
事実上の鎖国状態が続く北朝鮮の首都・平壌で、今でも外交官の国外脱出が続いている。平壌のロシア大使館では、2021年2月に大使館員とその家族が手押しトロッコを使って国境の豆満江に架かる鉄道橋を渡り、ロシアに帰国。その動画や写真をロシア外務省が公開したことが話題になった。22年7月4日にも、ロシア大使館...
別窓で開く

「日本が核を持つことは、世界にとっても望ましい」エマニュエル・トッドが語った“この国の平和を守る”唯一の方法
エマニュエル・トッド「ロシアは国際社会にとって脅威ではない」…ウクライナ戦争で露呈したロシア軍の無力 から続く「日本は核を持つべきだと私は考えます」——仏の歴史人口学者で「知の巨人」とも評されるエマニュエル・トッド氏インタビュー。国際社会で日本の平和を守るためには、なぜ再軍備が必要なのか? トッ...
別窓で開く

日本代表と対戦するセレソン、W杯予選で“最高成績”もブラジル人記者が不安な理由【現地発】
 ブラジルはワールドカップにおいて多くの記録を保持している。  最多優勝(5回)、1930年大会からこれまでのすべての大会に出場、最多勝利数(73勝)、最多ゴール数(229ゴール)、平均ゴール数(2.1ゴール)、選手レベルで言えば3つのW杯で優勝したのはブラジルの英雄ペレだけだ。 予選ながら、それに...
別窓で開く

敗因分析が続くイタリア、顕著な若手割合の低下を問題視! U-21伊代表監督は「セリエAで選手が見つからない」教育現場や経済界からも危機感
スペインのスポーツ紙『MARCA』が、サッカー調査機関「CIESフットボール・オブザーバトリー」が発表した各国リーグにおける21歳未満の選手のプレー時間の割合に注目し、ラ・リーガが調査対象となった世界の60の国内リーグの中で50番目の低さだったことに懸念を示した。...
別窓で開く

石油価格の混乱は当分続く 〜その背景にあるもの
ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(3月11日放送)に外交評論家・内閣官房参与の宮家邦彦が出演。UAE当局者の相反する発言によって混乱する原油市場について解説した。OPECのロゴと石油ポンプの模型=2020年4月(ロイター=共同) 写真提供:共同通信社原油増産をめぐってUAE当局者が...
別窓で開く

「トリガー条項凍結解除」がなければ対応は難しい 〜ガソリン補助金では長期的な効果は望めぬ
ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(3月9日放送)に数量政策学者の高橋洋一が出演。ガソリン補助金の支給額が1リットルあたり15円前後になるというニュースについて解説した。ガソリン価格、急騰対策後も上昇=2022年2月2日午後、東京・東池袋のガソリンスタンドで 写真提供:産経新聞社ガソ...
別窓で開く

米金融大手「ロシアは4月16日にデフォルト危機」「露国債はザンビア国債より信用低い」
ロシアの国家経済が数週間以内にデフォルトに陥るとモルガン・スタンレーが予想した。ニューズウィークはモルガン・スタンレーの投資報告書を引用し、ロシアは4月中旬にドル建て国債でデフォルトに陥る可能性があると伝えた。来る16日にロシアは2種類の債券に対するクーポン金利(表面利子)1億700万ドルの返済が予...
別窓で開く

南野の強烈なライバル、ルイス・ディアスとは何者か。リバプールが獲得した「78億円のウインガー」の正体
 冬の移籍マーケットでリバプールがポルトから獲得したのが、コロンビア代表のルイス・ディアスだ。移籍金は4500万ユーロ(約58億5000万円)+ボーナス1500万ユーロ(約19億5000万円)で、最大6000万ユーロ(約78億円)になると伝えらえる。 リバプールでは南野とポジションが重なる25歳の左...
別窓で開く



<前へ1234次へ>