本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



大失敗、挫折、恥ずかしい…チュニジア戦完敗の日本代表を海外メディアは酷評!一方で「価値あるテストだった」と指摘したのは?
6月14日、キリンカップサッカー2022の決勝が大阪のパナソニックスタジアム吹田で行なわれ、日本代表は0-3でチュニジア代表に敗れた。 4日前にガーナ代表を4-1の大差で下した日本は、カタール・ワールドカップに向けて重要なテスト機会となった6月の代表4連戦を勝利で締めたいところだったが、前半に幾つか...
別窓で開く

南野の強烈なライバル、ルイス・ディアスとは何者か。リバプールが獲得した「78億円のウインガー」の正体
 冬の移籍マーケットでリバプールがポルトから獲得したのが、コロンビア代表のルイス・ディアスだ。移籍金は4500万ユーロ(約58億5000万円)+ボーナス1500万ユーロ(約19億5000万円)で、最大6000万ユーロ(約78億円)になると伝えらえる。 リバプールでは南野とポジションが重なる25歳の左...
別窓で開く

発足から3年半、森保Jは苦闘の経験をW杯イヤーにどう生かす? 波乱の船出、批判を呼んだアジアでの惨敗…
 1月27日と2月1日の2022年カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選・中国&サウジアラビア2連戦(埼玉)に向け、森保一監督率いる日本代表が17日から再始動する。 今回は国内組のコンディション調整に主眼を置いたウズベキスタン戦(埼玉)を21日に実施予定だったが、新型コロナのオミクロン株拡大...
別窓で開く

歴史的な点取り屋、欧州制覇の殊勲者も予選落ちの危機! 「カタールW杯を欠席するかもしれないスーパースター」の顔ぶれは?
世界中で行なわれているカタール・ワールドカップ予選。各大陸によって進み具合は違い、さらにその後には大陸間プレーオフも控えており、来年6月まで緊張感溢れる戦いは続いていく。 そんななかで欧州はグループステージが全日程を終了。セルビア、スペイン、スイス、フランス、ベルギー、デンマーク、オランダ、クロアチ...
別窓で開く

グリーンウッド、サリバ、久保建英……メッシ後世代の天才フットボーラー図鑑〜2001年生まれ編
グリーンウッド、サカ、サリバ、マルチネッリ、E・ガルシアと、プレミアの“メガ”に所属する面々が、この年代の出世レースを牽引。ラ・リーガからはロドリゴをはじめ、久保やイ・ガンインが、セリエAやブンデスリーガからは、ジュワラやザークジーらが名を連ねた。...
別窓で開く

三笘、旗手、坂元…まだいる2列目の人材。最前線ではベテランが存在感?—注目すべき国内の「A代表予備軍」【攻撃編】
 9日のカメルーン戦とコートジボワール戦(ともにユトレヒト)で1勝1分と成果を残した日本代表。だが、得点力という部分ではまだまだ改善の余地があるのは確かだ。2022年カタール・ワールドカップ8強という大目標を目指して、さらなる人材の発掘は不可欠と言っていい。...
別窓で開く

【U-20激闘譜】湘南・岩崎悠人が痛感した世界との差。史上初のアジア制覇と5大会ぶりに参戦したU-20W杯で見たもの
 90年代以降、日本のユース世代は幾度となくアジアの壁を突破し、世界への挑戦権を手にしてきたが、そこにはこの年代ならではの課題や示唆に富むドラマが隠されている。長きにわたり、日本のU-20年代の取材を続けてきた識者が、ポイントとなった世代をピックアップし、キーマンにオンライン取材で直撃。当時のチーム...
別窓で開く

森保ジャパン再検証<FW編>カタール行きの鍵を握る“大迫依存症”からの脱却…解決策のキーマンは?
 2018年9月に発足した森保一監督率いる日本代表は、2019年のアジアカップ(UAE)やコパ・アメリカ(ブラジル)を経て、2022年カタール・ワールドカップ・アジア2次予選の戦いに突入した。その後、国際Aマッチは新型コロナウイルス感染拡大の影響で、現在はストップしている状況にあり、今後どうなるのか...
別窓で開く


<前へ1次へ>