本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



芥川賞候補作家・鈴木涼美の本屋の思い出は——「夜遊びのためにトイレで着替えてました」
私の青春時代って、ファッション誌が50万部以上とか売れてた時代なので、女子高生が、例えば文学とか歴史とかに興味がなくても、本屋さんに足を運ぶことはしてたんですよ。(中略)少なくとも、例えば1年間本屋さんの門をくぐってないっていうことは、クラスの全員なかったと思います。 そう語るのは、作家の鈴木涼美さ...
別窓で開く

NiziUを超えた? avexが社運を懸けたガールズグループが世界で話題
(C)gpointstudio / Shutterstock社運を懸けたアーティストを、鳴り物入りでデビューさせては失敗してきた大手レコード会社エイベックス。しかしついに、世界で活躍できる大型新人の輩出に成功したようだ。2022年3月に、エイベックス傘下の『XGALX』からデビューした、日本人7人組...
別窓で開く

堂安、浅野、田中、前田 あなたが選ぶカタールW杯「日本のベストゴール」
FIFAワールドカップカタール2022カタール大会(W杯)の決勝トーナメント1回戦。日本はクロアチアに先制点を奪いつつも、PK戦の末に敗れた。悲願のW杯ベスト8進出は逃したが、森保一監督率いる日本代表は今大会で強豪国を相手に全5得点をマーク。ひとつひとつのゴールシーンに、列島が沸いた。...
別窓で開く

『フラッグ・デイ』名優ジョシュ・ブローリンが娘と父を繋ぐ——本編映像解禁
オスカー俳優のショーン・ペンが監督・主演を務める映画『フラッグ・デイ 父を想う日』より、主人公の娘の伯父ベックを演じる名優ジョシュ・ブローリンが登場するシーンを収めた本編映像が解禁された。 本作は、大好きな父親が実は犯罪者だったという衝撃の実話を映画化。アカデミー賞主演男優賞を2度受賞した名優ショー...
別窓で開く

初戦で値千金弾も以降は沈黙…浅野拓磨が想いを吐露「情けないプレー」「これが4年半前から準備してきた今の自分の実力」【W杯】
 浅野拓磨が悔しさを露わにした。 28歳の快速ストライカーは、前回のロシア大会では最終予選で突破に導くゴールを挙げながら、ワールドカップ(W杯)のメンバー入りならず。そこから4年、カタールW杯の直前には大怪我に見舞われ、一時は再びの落選が脳裏をよぎったが、必死のリハビリで何とか大舞台に間に合わせた。...
別窓で開く

浜崎あゆみ“ブランドロゴ全開ド派手コーデ”にツッコミ殺到「いつまでも高校生みたい」
浜崎あゆみ(C)週刊実話歌手の浜崎あゆみ(44)がインスタグラムでド派手なコーデを連日披露し、ネットをザワつかせている。12月1日までに更新したインスタでは、スカイブルーのパーカーと同色のキャップでキメ、リハーサル中のダンサーたちの踊りが速すぎることに驚愕。...
別窓で開く

沢尻エリカ、六本木ラウンジ嬢デビューのウワサにエイベックス松浦会長がブチギレ
「あの沢尻エリカが六本木のラウンジで働いている」 11月中旬、こんなウワサがネット上を中心に広まり、世間を騒がせた。 そんなウワサに一石を投じたのは、エイベックス・松浦勝人会長だ。12月1日、自身のYouTubeチャンネルで視聴者からの質問に答える形でこのウワサを否定。「(ラウンジに)行くわけないだ...
別窓で開く

沢尻エリカ「ラウンジ勤務説」も24年の女優復帰が濃厚…片瀬那奈の会社員転身で気になる現在
(虎視眈々?(C)日刊ゲンダイ) 女優の片瀬那奈(41)が、ファッション通販「ロコンド」の社員として新たなスタート切った。片瀬と言えば、昨年9月末に所属していた大手芸能プロダクション「研音」を退社後、芸能活動は休眠状態だった。「21年7月に、当時同棲していた会社経営の男性が麻薬取締法違反で逮捕され、...
別窓で開く

HKT一期生で、今年は主演映画2本公開、「日本統一」にも出演の兒玉遥が過去最大露出した6年ぶりの写真集「Stay 25」が話題に! 「20kg増の激太りで叩かれ芸能界2年退いて生死を彷徨った時期もあったけど、、」 [写真5枚]
 元HKT48のメンバーで、現在はエイベックスに所属し、女優を中心に活動している兒玉遥さんが2022年11月25日(金)に発売した、写真集「Stay 25」(ワニブックス/税込3,300円)が話題になっています。...
別窓で開く

 スピードスケートの四大陸選手権は4日、カナダのケベック市で行われ、1000メートルの女子は小坂凛(KHネオケム)が1分18秒25で7位だった。吉田雪乃(寿広)は8位、高橋侑花(大東大)は12位。男子は山本悠乃(日大)が8位だった。 (時事)【時事通信社】...
別窓で開く


[ ベック ] の関連キーワード

カタール stay avex エリカ 六本木
あゆみ 芥川賞