本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



是枝裕和監督の最新話題作「ベイビー・ブローカー」が投げかける“家族”とは何か
(是枝裕和監督(C)日刊ゲンダイ) 女性たちが人工妊娠中絶する権利を認めた73年の「ロー対ウェイド判決」を、米連邦最高裁が覆した“事件”は、全米世論を二分する騒動に発展した。芸能界では女優のアン・ハサウェイや歌手のセレーナ・ゴメスらが即座に言及。中でも「ワイルド・スピード」で知られる人気俳優だった故...
別窓で開く

カンヌ受賞結果!! 男優賞ソン・ガンホ『ベイビー・ブローカー』是枝監督作!最高賞パルム・ドールに『トライアングル・オブ・サッドネス』【カンヌ映画祭】
1,パルム・ドール『トライアングル・オブ・サッドネス』リューベン・オストルンド監督2,グランプリ『クローズ』ルーカス・ドン監督3,男優賞ソン・ガンホ『ベイビー・ブローカー』是枝裕和監督4,監督賞パク・チャヌク『Decision to Leave』5,カメラ・ドール特別賞 早川千絵監督『プラン75』6...
別窓で開く

鬼才パク・チャヌク監督インタビュー!最新作は<容疑者×刑事>の複雑かつ奇妙な恋愛ミステリー!!【カンヌ映画祭】
第75回カンヌ映画祭『Decision To Leave(英題)』記者会見 (左から)タン・ウェイ、パク・チャヌク監督、パク・ヘイル2004年に『オールド・ボーイ』でグランプリを受賞して以来、カンヌの常連であるパク・チャヌク。...
別窓で開く

カンヌ上映後の是枝監督の最新インタビューが到着!!『ベイビー・ブローカー』公式上映で12分間のスタンディングオベーション!【カンヌ映画祭レポート】
『ベイビー・ブローカー』 第75回カンヌ映画祭公式上映 (左から)是枝裕和監督×ソン・ガンホ©2022 ZIP CINEMA & CJ ENM Co., Ltd., ALL RIGHTS RESERVED2022年6月24日(金)より公開となる是枝裕和監督作『ベイビー・ブローカー』。...
別窓で開く

絶縁状態の姉弟の“根深い確執”を描く!フランスの名匠デプレシャン監督、マリオン・コティヤール×メルヴィル・プポー共演『姉弟』【カンヌ映画祭レポート】
YouTube「監督週間」と「ある視点部門」各1回の出品に加え、7回目のコンペ選出になるアルノー・デプレシャン監督。今やカンヌを代表する常連監督の一人と言っていいだろう。今回も新作『姉弟(原題)』(2022年)を持ってカンヌ入りした。今回の主役はどちらもフランスの人気スター、マリオン・コティヤールと...
別窓で開く

『アマンディエ』1980年代の演劇学校を舞台とした群像劇!俳優の卵たちのリアルな姿を描く【カンヌ映画祭レポート】
『アマンディエ』(左から)ルイ・ガレル、ヴァレリア・ブルーニ・テデスキ監督、ナディア・テレスツィエンキーヴィッツ(撮影:筆者)2013年になくなった演出家で監督・俳優でもあるパトリス・シェロー。ナントで劇場とアマンディエ劇団を主宰し、付属の演劇学校からは何人もの演劇人・映画人を輩出している名伯楽でも...
別窓で開く

TikTok短編映画祭で日本作品がグランプリ!コンペではパク・チャヌク、クローネンバーグほか超期待の3作上映【カンヌ映画祭レポート】
バズ・ラーマン監督『エルヴィス』のレッドカーペット5月24日に75回目の誕生日を迎えたカンヌ。世界中から集まったスターたちがレッドカーペットを歩き、誕生日を祝った。2020年の開催中止、厳重なコロナ対策の下で開催された2021年を経て、今年はほとんどの規制がなくなり、通常の9割まで参加者が戻ってきた...
別窓で開く

トム・クルーズが長く続くコロナ禍の鬱憤を晴らす!アン・ハサウェイ、アンソニー・ホプキンス共演の話題作にも注目!【カンヌ映画祭レポート】
『トップガン マーヴェリック』上映後の花火大会(撮影:筆者)■カンヌは“戦争の影響を受けやすい”映画祭75回の記念の年を迎えたカンヌ国際映画祭。正式な第1回は1946年だが、実は1939年から開催される予定だった。が、オープニングの日にドイツ軍のポーランド侵攻が始まり、映画祭どころではないと中止に。...
別窓で開く


<前へ1次へ>