本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ハリル解任のモロッコ代表、マッツァーリ氏が後任候補に…セリエAで実績十分の60歳
イタリア人指揮官ワルテル・マッツァーリ氏が、モロッコ代表の新監督に就任する可能性があるようだ。17日、イタリア紙『コリエレ・デッロ・スポルト』が伝えた。 モロッコ代表では2019年8月からヴァイッド・ハリルホジッチ前監督がチームを率いていた。2大会連続6度目となるFIFAワールドカップ出場に導いたが...
別窓で開く

ついに開幕したW杯イヤーの海外リーグ。福西崇史が注目する日本人選手は?「『やっぱり香川真司はすごい』と思わせて欲しい」
不動のボランチとしてジュビロ磐田の黄金期を支え、2006年開催のドイツワールドカップには、日本代表の中心メンバーとして出場。日本サッカーが世界水準へと飛躍していく瞬間をピッチの中央から見つめていた福西崇史。 そんな福西崇史が、サッカーを徹底的に深掘りする連載『フカボリ・シンドローム』。...
別窓で開く

長谷部誠や遠藤航ら日本人はなぜドイツで評価されるのか? カギは「言われたことばかりやる選手」からの成長【現地発】
ドイツで活躍を見せる日本人選手が増えてきている。まずは現在、ブンデスリーガとブンデスリーガ2部に所属している選手を見てもらおう(カッコ内は昨季のチーム順位)。...
別窓で開く

【W杯を手繰り寄せた男たち|大久保嘉人編】「自分を呼ばざるを得ない状況」を作り出して、ブラジル行きを叶える
 4年に一度の祭典、ワールドカップ。この大舞台に立つことを約束された者などいない。メンバー入りを巡る熾烈な争いで、本大会が近づくにつれて序列を覆したケースもある。日本が参戦した過去6大会で、W杯を手繰り寄せた男たちの知られざるストーリー。今回は、目に見える結果を出し続け、FWとしての存在価値を示し、...
別窓で開く

旗手怜央、復帰の懸念は敵地にあり。 セルティック指揮官は「危険にさらすつもりはない」と吐露。一方で井手口の長期離脱は不可避?
今季のスコットランド・リーグで開幕2連勝を飾っているセルティック。現地時間8月3日に行なわれた第2節ロス・カウンティ戦では、今季もエースストライカーとして高い期待が寄せられている古橋亨梧が初ゴールを記録するなど好調な滑り出しをみせている。 そうしたなかで迎える現地時間8月14日、敵地でのキルマーノッ...
別窓で開く

ピッチを管理する“芝生の神様”が登場!チームを勝たせるための秘策でレッドカード!?
8月13日に放送されたサッカー番組『FOOT×BRAIN』(テレビ東京系、毎週土曜24:25〜)は、「芝部の神様」と呼ばれるターフアドバイザーの松本栄一がゲスト出演。サッカー界の名将から絶大な信頼を得ている松本の“仕事ぶり”に迫った。...
別窓で開く

カタールW杯出場の各国スターが勢ぞろいした画像をFIFAが公開!日本代表からは3人が選出!レバやベンゼマと“同格”だったのは…
 FIFA(国際サッカー連盟)は8月12日、カタール・ワールドカップの開幕まで残り100日になったのを受け、出場国のスターが一堂に介したポスターのような画像を公開した。...
別窓で開く

ドイツ放送局も煽る日本代表CB陣の師弟対決! 吉田麻也と板倉滉のマッチアップに「トレーナーと弟子の出会い」と注目
現地時間13日のドイツ・ブンデスリーガ第2節シャルケ対ボルシアMGの一戦で、日本代表DFの吉田麻也と板倉滉の日本人マッチアップの瞬間が訪れそうだ。 ともに、開幕戦でセンターバックとしてフル出場を果たし、新天地ではあるもののすでに「守備の要」として存在感を放つ両者が、シーズン2戦目で初対戦を迎える。...
別窓で開く

【セルジオ越後】欧州新シーズンは南野や三笘ら“攻撃的な選手”に注目。強豪国の代表選手に通用しないとW杯でも勝てないよ
 ヨーロッパの各国で2022-23シーズンが幕を開けた。カタール・ワールドカップを見据えれば、やはり日本人選手の動向が気になるね。 日本代表には、DFや守備的MFではヨーロッパで活躍している選手がいる。遠藤や守田、吉田、冨安らだ。守備はテクニックよりもフィジカルが優先されるし、6月のブラジル戦でもあ...
別窓で開く

「強いハートと優れた足」マドリーを脅かした鎌田大地を各国メディアが絶賛!決定機逸には「言うは易く行なうは難し」と強調
現地時間8月10日、UEFAスーパーカップが行なわれ、昨季のヨーロッパリーグ(EL)王者であるフランクフルトは、0-2でチャンピオンズ・リーグ(CL)王者のレアル・マドリーに敗れた。...
別窓で開く


[ ベルギ カタール ベルギ ] の関連キーワード

マッツァーリ モロッコ カタール fifa ブラジル
長谷部 井手口 ドイツ 大久保