本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



エアバス異形の輸送機「ベルーガ」数奇な生い立ち 22年ぶり日本飛来 今後はもっと出現?
およそ22年ぶりに日本へ飛来したエアバスの巨大輸送機「ベルーガ」、このユニークな形状の航空機はなぜ生まれたのでしょうか。背景にはライバルであるボーイングとの競合の歴史がありますが、実はベルーガの“先祖”はボーイング機です。22年ぶりに飛来したシロイルカ エアバスの大型輸送機A300-600ST「ベル...
別窓で開く

貴重すぎ! エアバスの異形貨物機「ベルーガ」超異例の来日 20年超ぶり2度目
日本の航空ファンが固唾を飲んで飛行ルートを追っていました。関空に着陸 ヨーロッパの航空機メーカー、エアバスの貨物機「ベルーガ」が2021年12月24日(金)のお昼過ぎ、関西空港へ到着しました。同機が日本にやってくるのは、1999(平成11)年の成田空港への飛来以来、2度目です。...
別窓で開く

ダークなアクセントを効かせたモダンラグジュアリー。ベントレーから「GTマリナーブラックライン」登場
ベントレーのGTおよびGTコンバーチブルに「マリナーブラックライン」スペシフィケーションが登場しました。エクステリアのオプションとして好評な「ブラックライン」はベントレーの全ラインアップに設定されています。ブラックラインでは、マリナーの手によってエクステリアのクロームパーツがブラックのパーツに置き換...
別窓で開く

エアバス異形貨物機「ベルーガ XL」乗降口はどこ? まさかの場所に設置の理由とは
エアバス社の工場間で、パーツ輸送のために飛び交う異形貨物機「ベルーガ XL」。通常の旅客機ベースの貨物機と違い、外からは客室ドアが見あたりません。どこにあるのでしょうか。エアバスA330をベースに設計されているものの… ヨーロッパの航空機メーカー、エアバス社があるフランス・トゥールーズなどでは、ユニ...
別窓で開く

ラリックがロシアのウォッカブランド「ベルーガ」とコラボ。クリスタル デカンタで芸術品へと昇華
ラリックジャパン株式会社は、世界的に知られるロシアの最高級ウォッカブランド「ベルーガ(BELUGA)」とのコラボレーションによる、限定製品「ベルーガ エピキュア バイ ラリック (BELUGA EPICURE by LALIQUE)」を発表いたします。...
別窓で開く

コロナ禍で乳がん検診受診者が激減!「発見時ステージ4の例も」
「昨年、私のクリニックでは乳がん検診の受診者が、一昨年に比べ1,000人以上も減ったんです」そう語るのは、乳腺外科「ベルーガクリニック」(東京・板橋)の富永祐司院長。日本人女性の9人に1人が生涯でかかるといわれている「乳がん」。日本では女性がもっともなりやすいがんで、’21年には9万4,400人がな...
別窓で開く

ついに迫る! エアバスの異形貨物機「ベルーガ XL」とは? 巨大「白イルカ機」の細部に肉薄
エアバス社の工場では、まず日本では見ることができない不思議な形の飛行機を日常的に見ることができます。胴体の上がコブのように大きく盛り上がった輸送機「ベルーガ XL」です。同社協力のもと、間近でその姿を見てきました。双発旅客機「A330」がベース ヨーロッパの航空機メーカー、エアバス社の本拠地フランス...
別窓で開く

超珍機の「ツーショット」! 異形プロペラ機「スーパーグッピー」と極短747「SOFIA」が並ぶ
NASA公式さんも「圧巻!」と投稿…。整備のため飛来した「スーパーグッピー」 NASA(アメリカ航空宇宙局)アームストロング飛行研究センターの公式Twitterなどが、ボーイング747SPを改造した世界最大の空中天文台「SOFIA」と、大型輸送機「スーパーグッピー」が同施設内の格納庫に並ぶ様子を、2...
別窓で開く

ベントレーが最新のハイブリッドモデルを発表。より持続可能な新素材をキャビン全体に採用
ベントレーは、最新モデルであるフライングスパーハイブリッドの導入を記念した新しい限定モデルの詳細を発表しました。フライングスパーハイブリッド オデッシアンエディションは、2035年のラグジュアリーモビリティに対するベントレーの見解を示すコンセプトカー「EXP 100 GT」からインスピレーションを得...
別窓で開く

ヒンヤリ触感で暑い季節に大活躍!りぶはあと「ねむねむアニマルズ かむかむズ クール 抱きまくら」
「りぶはあと」のぬいぐるみ抱き枕シリーズから、動物モチーフの冷感タイプが発売中です。...
別窓で開く


[ ベルーガ ] の関連キーワード

sofia アニマルズ エアバス ロシア

<前へ123次へ>