本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「代表戦のボーナスは一切受け取らない」「病気の子どもたちを勇気づける活動に尽力」現役フランス代表の真の人気ナンバーワン選手は、老若男女が敬愛する男!
「フランス人民は要求が高く、偉大で、政治的な人々だ。君も、常に批判と隣り合わせだ」  笑ってこう演説したのは、ジャン・カステックス前首相です。2022年5月、エリザベット・ボルヌ現首相にその座を禅譲した際の、彼女への"贈る言葉"でした。...
別窓で開く

「“カタール”W杯は間違い」発言のブラッター氏がプラティニ氏、仏大統領、現FIFA会長らを痛烈批判…
カタール・ワールドカップは現地時間11月20日に、開催国カタールとエクアドルの一戦で1か月にわたる戦いの幕を開けることになるが、大会を目前にして前FIFA(国際サッカー連盟)会長のゼップ・ブラッター氏が、8日付のスイス日刊紙『Tages-Anzeiger』に「カタールでのW杯は間違いだ。選択が悪かっ...
別窓で開く

ベンゼマのバロンドール受賞を先人たちも称賛! GKクルトワは同僚を祝福も選考に皮肉と不満…スペイン紙は不運なイレブンを選定
10月17日にフランスのサッカー専門誌『FRANCE FOOTBALL』が主催する「バロンドール」の授賞式がパリで行なわれ、同賞をレアル・マドリー所属のフランス代表FW、カリム・ベンゼマが手にした。...
別窓で開く

ジダンが考えるフランス史上最高のストライカーは?「ある人はピエール・パパンを挙げ、ある人はプラティニを語るだろうが…」
 ジネディーヌ・ジダン氏が、偉業を成し遂げたベテランストライカーを絶賛した。 個人賞としては最高の名誉とされるバロンドールの2022年授賞式が現地10月17日にパリで開催され、レアル・マドリーに所属するフランス代表FWカリム・ベンゼマが初受賞を果たした。自身も1998年に同タイトルに輝いているジダン...
別窓で開く

弱小スペイン代表に風が吹き始めた。クラブチームが牽引して攻撃サッカーの旗頭に
スペイン代表・強さの秘密(2)連載(1)「スペイン代表は欧州の強豪ではなかった。弱いうえにつまらなかった暗黒時代」はこちら>> 自国で開催された1982年のW杯の2年後、スペインはフランスで開催された1984年の欧州選手権で、決勝進出を果たした。しかし、フランスのミシェル・プラティニが放ったFK弾を...
別窓で開く

ベンゼマがバロンドール初受賞! 昨季公式戦44発でリーガとCLの“2冠”に貢献
フランスのサッカー専門誌『フランス・フットボール』は17日、2022年のバロンドールを発表し、レアル・マドリードに所属しているフランス代表FWカリム・ベンゼマが初の栄冠に輝いた。 ベンゼマは1987年12月19日生まれの現在34歳。2009年夏にリヨンからの完全移籍でレアル・マドリードに加入した。...
別窓で開く

日本代表がドイツ相手に最大限の健闘。高原直泰が2ゴールと歴代代表のベストマッチとも言える試合があった
ドイツ代表・強さの秘密(4)(1)「ドイツ代表はなぜ強いのか。プラティニのフランスもお手上げだった全盛時代」はこちら>> 日本とドイツは過去2度、対戦している。いずれもジーコジャパンの時代で、2004年12月と2006年5月になる。前者が横浜国際日産スタジアムで行なわれた親善試合であるのに対し、後者...
別窓で開く

ドイツ代表はブラジルW杯から下降線も、初戦に強さを発揮している理由
ドイツ代表の強さの秘密(3)(1)「ドイツ代表はなぜ強いのか。プラティニのフランスもお手上げだった全盛時代」はこちら>> ドイツ代表に初めて移民系の選手が選出されたのは、西ドイツ時代の1974年。ドイツ人の母親とアフリカ系アメリカ人の父を持つ、エルヴィン・コステデという選手だった。しかしそれからしば...
別窓で開く

ドイツ代表、低迷期からの脱出。自国開催W杯を機に攻撃サッカーへ舵をきる
ドイツ代表・強さの秘密(2)(1)「ドイツ代表はなぜ強いのか。プラティニのフランスもお手上げだった全盛時代」はこちら>> 東西ドイツが統一され、代表チーム名がドイツに変更されたのは1990年イタリアW杯後の1992年の欧州選手権(ユーロ・スウェーデン大会)予選からになる。...
別窓で開く

ドイツ代表はなぜ強いのか。プラティニのフランスもお手上げだった全盛時代
ドイツ代表・強さの秘密(1) 1974年西ドイツW杯決勝の西ドイツ対オランダは、現代サッカーを語る時、何かと引き合いに出される、まさに語り草となる試合だ。この時、敗者のオランダが披露したトータルフットボールは「その前と後でサッカーの概念が180度変わった」(プレッシングフットボールの提唱者、アリゴ・...
別窓で開く


[ プラティニ ] の関連キーワード

ピエール スペイン カタール フランス ブラジル
ドイツ ドール

<前へ123456次へ>