本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



またも錦織圭の復帰時期が先延ばしに。ワイキキで開催の試合を欠場「試合ができなくなって残念」<SMASH>
左股関節のケガにより長らく戦列を離れている男子テニス元世界ランク4位の錦織圭が、出場を予定していたエキジビジョンマッチ「Waikiki 株塾 Cup」(12月16日〜18日/アメリカ・ハワイ/ハードコート)の欠場を正式に発表した。同大会の公式ツイッター(@WaikikiCup)が報じている。...
別窓で開く

ダニエル、大坂、土居ら7名の日本人選手が出場。フェデラーは引退試合【9月19日からの大会・放映・配信予定】<SMASH>
9月19日からの週は、男子が3大会、女子が2大会開催される。 日本人男子選手は、ダニエル太郎が「サンディエゴ・オープン」の本戦ストレートインし、1回戦で予選勝者と対戦する。この大会の第1シードはダニエル・エバンス(イギリス)、第2シードはジェンソン・ブルックスビー(アメリカ)だ。...
別窓で開く

楽天オープンにトップ10選手が3名出場。錦織圭、ダニエル太郎、内田海智が主催者推薦を獲得<SMASH>
「楽天・ジャパン・オープン・テニス2022」(10月3日〜10月9日/有明コロシアムおよび有明テニスの森公園/ハードコート/ATP500)の本戦出場選手が公表され、ワイルドカード3名も発表された。 ワイルドカード(主催者推薦)を得たのは、下記3名の日本人選手。...
別窓で開く

西岡良仁が第1シードのルブレフを破り2年半ぶりのツアー決勝へ!「攻撃的になることを心掛けた」<SMASH>
男子テニスツアー「シティ・オープン」(8月1日〜7日/アメリカ・ワシントンDC/ハードコート/ATP500)は現地8月6日にシングルス準決勝が行なわれ、ここまで快進撃を続けてきた世界ランク96位の西岡良仁が登場。第1シードのアンドレイ・ルブレフ(ロシア/8位)を6−3、6−4のストレートで下し、同大...
別窓で開く

西岡良仁が前週大会の優勝&準優勝者を破ってシティOPベスト16入り!「裏優勝は僕」とジョークも<SMASH>
男子テニスツアー「シティ・オープン」(8月1日〜7日/アメリカ・ワシントンDC/ハードコート/ATP500)は現地8月3日にシングルス2回戦が行なわれ、世界ランク96位の西岡良仁が登場。第11シードのアレックス・デミノー(オーストラリア/21位)を3−6、7−6(6)、6−2の逆転で下し、同大会3年...
別窓で開く

大坂なおみが約2か月ぶりの大会出場!男子は西岡、ダニエル、綿貫、内田が出場【8月1日からの大会・放映・配信予定】<SMASH>
8月1日からの週は、男女とも2大会ずつ開催される。 日本人男子選手は、西岡良仁が「シティー・オープン」の本戦ストレートインし、ダニエル太郎と綿貫陽介は予選から戦い本戦入りした。1回戦で西岡はジェンソン・ブルックスビー(アメリカ)、ダニエルはジェフリー・ジョン・ウルフ(アメリカ)、綿貫はカイル・エドム...
別窓で開く

子どもを泣かせた女子選手の“ラケット投げつけ”に米有名コーチが苦言! 罰金1万ドルは「またしても驚くほど軽い」
折り返しを迎えるテニスの四大大会「全仏オープン」(フランス:パリ/クレーコート/グランドスラム)だが、女子シングルス2回戦で起きたアクシデントが波紋を広げている。【動画】悔しさでラケットを投げつけたベグ、子どもをかすめた決定的シーンをチェック 現地時間5月26日、世界ランク63位のイリーナ・ベグ(ル...
別窓で開く

選手の危険行為に対するATPの規律強化を世界7位のルードが支持「いつ大きな事件が起きてもおかしくない」<SMASH>
ここ数か月の間に冷静さを失った選手のコート上での問題行為が多発している男子テニス界。これを受けて世界7位のキャスパー・ルード(ノルウェー)は「テニスがネガティブな意味で注目を浴びてしまう」と警鐘を鳴らしている。 ファンにも衝撃を与えたのが今年2月末のメキシコ・オープンで失格処分を受けたアレクサンダー...
別窓で開く

元女王エバート、問題行動が頻発するテニス界を憂慮「精神面の健康はもっと議論されるべき」<SMASH>
ここ数カ月にわたりテニス界では、冷静さを失ってしまった選手のコート上での問題行為が頻発している。これを受けて元女子テニス世界ランク1位のクリス・エバート氏は、選手のメンタルヘルスを懸念している。 ファンの間でも衝撃が走ったのは、2月末のメキシコ・オープンで失格処分を受けたアレクサンダー・ズべレフ(ド...
別窓で開く

危険行為が頻発する男子テニス界、選手への処分が甘すぎるとの声を受けATPが行動規定見直しへ<SMASH>
ここ数か月の間にコート上での選手の危険行為が頻発している男子テニス界。これを受けてATP(男子プロテニス協会)の会長を務めるアンドレア・ガウデンツィ氏が内部文書を通じて、統括団体内で定められている行動規定の見直しに踏み切る意向を示した。テニス系海外メディア『UBITENNIS』が伝えている。...
別窓で開く


<前へ12次へ>