本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



何のために働くのか。何のためにこの仕事や会社はあるのか──。ビジョンの重要性が以前にも増して注目される今、「ビジョンは経営資源であり、人生の武器になる」と喝破するのが、中川政七商店の中川淳氏と独立研究者の山口周氏だ。経営者やリーダー、そして1人ひとりが仕事のうえでビジョンとどう付き合うのか。今回は1...
別窓で開く

毎月、新たに発売されるビジネス書は約500冊。いったいどの本を読めばいいのか。読書家が集まる本の要約サイト「flier(フライヤー)」で、4月にアクセス数の多かったベスト20冊を、同サイトの編集部が紹介する——。第1位:『バカの壁』(養老孟司著、新潮社)第2位:『武器になる話し方』(安田正著、ダイヤ...
別窓で開く

「日本人は明らかに働き過ぎ」斎藤幸平とルトガー・ブレグマンが語る〈クソどうでもいい仕事〉から自由になる方法
「日本人は明らかに働き過ぎだ」。東京大学大学院准教授の斎藤幸平氏と、ジャーナリスト・歴史家のルトガー・ブレグマン氏による「『性善説』が世界を救う」を一部公開します。(「文藝春秋」2022年5月号より)◆ ◆ ◆■注目を集める同世代の思想家2人 経済思想家の斎藤幸平氏(35)と言えば、『人新世の「資本...
別窓で開く

■おすすめポイント「こんな仕事、やる意味あるんだろうか」「なんでこんな仕事をやらなきゃいけないんだ」。 会社で仕事をしていて、そんなふうに思ったことが一度もない、と言える人はいないのではないだろうか。 誰も見ない書類の作成、間違いだらけの文書の修正、魅力のない商品のプロモーション。そういった仕事に上...
別窓で開く

無価値な仕事ほど高給でエッセンシャルな仕事は低給の悲しきメカニズム クソみたいな(ブルシットな)仕事が消えるどころか量産されるのはなぜか
 私たちが日々こなす仕事のうち、本当に価値を生み出しているものはどれほどあるだろうか。作成したところで誰も読むことのない書類や、本心では「どうでもいい」と思っている作業に大きな労力をかけざるを得なくなった経験は誰にでもあるだろう。あるいは、あなたの職業そのものが「ブルシット・ジョブ」、つまり「クソど...
別窓で開く

【GoTo書店!!わたしの一冊 JIL-PT・濱口桂一郎選集】『アニメーターはどう働いているのか』『日本人の働き方100年』ほか
このページでは、2021年1〜7月に配信した濱口 桂一郎さんによる書評をまとめてご紹介します。『アニメーターはどう働いているのか』松永 伸太朗 著本書は令和2年度労働関係図書優秀賞を受賞した作品だ。著者には昨年12月、私の司会で労働政策フォーラム「アニメーターの職場から考えるフリーランサーの働き方」...
別窓で開く

給料が仕事に見合わない…人のために働く職業ほど“低賃金”の理由
TOKYO MX(地上波9ch)朝のニュース生番組「モーニングCROSS」(毎週月〜金曜7:00〜)。2月1日(月)放送の「オピニオンCROSS neo」では、「東洋経済オンライン」編集部長の武政秀明さんが人のために働く職業ほど“低賃金”の理由を述べました。...
別窓で開く

仕事が遅い人の特徴4つ
仕事が遅いと言われがちな人へ。まず、大事なことをお伝えします。あなたは仕事が遅いのではなく、丁寧で慎重なのです。だから、今は「仕事が遅い」と言われて辛いとしても、どうか自分を責め過ぎないでください。あなたがいたから見つけられたミスや、回避できたトラブルが会社にはたくさんあったはず。あなたがいてくれる...
別窓で開く

仕事が遅い人の特徴4つ
仕事が遅いと言われがちな人へ。まず、大事なことをお伝えします。あなたは仕事が遅いのではなく、丁寧で慎重なのです。だから、今は「仕事が遅い」と言われて辛いとしても、どうか自分を責め過ぎないでください。あなたがいたから見つけられたミスや、回避できたトラブルが会社にはたくさんあったはず。あなたがいてくれる...
別窓で開く


<前へ1次へ>