本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



小出恵介主演、映画愛がじんわりと沁みる『銀平町シネマブルース』特報第2弾
城定秀夫(『愛なのに』『ビリーバーズ』『夜、鳥たちが啼く』)が監督、いまおかしんじ(『れいこいるか』『神田川のふたり』)が脚本で初タッグを組み、主演を小出恵介が務める映画『銀平町シネマブルース』(2023年2月10日より全国順次公開)のメインビジュアルと特報第2弾が公開された。...
別窓で開く

小波津亜廉ら『ノラネコシティ』上演中、葛藤から生まれるドラマに普遍性
小波津亜廉が主演を務める舞台『ノラネコシティ』が、12月3日(土)に東京・新宿FACEで開幕した。前日に行われたゲネプロの様子をレポートする。サスペンス群像劇『博多豚骨ラーメンズ』やバディが活躍するクライムコメディ『マネートラップ』シリーズで知られる作家・木崎ちあきの小説をベースに、企画演劇集団ボク...
別窓で開く

日雇い労働者の街・釜ケ崎、昭和の光と影活写 庄司さん写真集第2弾
 鳥取県米子市在住の写真家、庄司丈太郎さん(75)が昭和の「釜ケ崎」(大阪市西成区、あいりん地区)を撮影した写真集「貧しかったが、燃えていた」のシリーズ第2弾が今秋、解放出版社から発売された。「釜ケ崎で生きる人々——昭和ブルース編」のサブタイトルが示すように、日雇い労働者のまちで生き抜く人々の笑顔と...
別窓で開く

吉川愛、テレ朝ドラマ初主演 岡山天音と新感覚ラブストーリー<やっぱそれ、よくないと思う。>
【モデルプレス=2022/12/05】女優の吉川愛が、2023年1月6日よる11時15分より放送のテレビ朝日系ドラマ『やっぱそれ、よくないと思う。』で同局ドラマ初主演を務めることが決定した。◆吉川愛、テレ朝ドラマ初主演「今まで誰とも付き合ったことのなさそうな男にかわいい女の子をアプローチさせてみたら...
別窓で開く

釜ヶ崎を活写、7冊目の写真集出版…帯に赤井英和さん「こんなオモロイとこなかった」
 大阪市西成区の日雇い労働者の街・釜ヶ崎で半世紀以上にわたって撮影を続ける鳥取県米子市の写真家・庄司丈太郎さん(75)が、写真集「貧しかったが、燃えていた 釜ヶ崎で生きる人々 昭和ブルース編」(解放出版社)を出版した。露天商、ちんどん屋、地下のシャワー室——。200点を超えるモノクロ写真が、貧しくて...
別窓で開く

古舘伊知郎 アントニオ猪木さんに言われた「奮い立て!」
 【牧 元一の孤人焦点】フリーアナウンサーの古舘伊知郎(67)が3日、東京・有楽町よみうりホールで、トークライブ「トーキングブルース」を行い、10月1日に亡くなったアントニオ猪木さんについて語った。 今回のトーキングブルースのテーマは「言葉」。猪木さんの話になったのは、ライブの終盤で「言葉は体から離...
別窓で開く

古舘伊知郎がトークライブで猪木さん回顧「猪木さんによって体の一部が作られていてごっそり持っていかれた」
 フリーアナウンサーの古舘伊知郎氏(67)が3日、東京・有楽町のよみうりホールでトークライブ「トーキングブルース『言葉』2022」を行った。 「トークでブルースを奏でる」をコンセプトに、ステージに1人きり、マイク1本でしゃべりを繰り広げる、自らのライフワーク。今年は一夜限りの開催で、「言葉」がテーマ...
別窓で開く

まもなく68歳の古館伊知郎、2時間以上ノンストップ圧巻の『トーキングブルース』 猪木さんに捧げる実況も
フリーアナウンサー・古舘伊知郎が3日、東京・有楽町よみうりホールで『古舘伊知郎トーキングブルース 言葉2022』を開催。原点回帰となる“一本勝負”となったが、言葉を突き詰めている“言葉中毒”の古舘だからこその視点で、圧巻のトークで、会場を引き込んだ。 会場いっぱいに詰めかけた観客の前に現れた古舘は、...
別窓で開く

古舘伊知郎「俺は猪木さんによって作られている。ゴッソリ持って行かれた感じ」名勝負の実況再現
フリーアナウンサー古舘伊知郎(67)が3日、東京・有楽町よみうりホールで「古舘伊知郎トーキングブルース『言葉2022』」を、1100人を集めて開催した。昨年11月以来、1年1カ月ぶり。「言葉」をテーマにしゃべり倒した。...
別窓で開く

『キチヌ』和歌山県和歌山市/新雑賀町産〜日本全国☆釣り行脚
日本全国☆釣り行脚 (C)週刊実話Webブルースな街にブルースなドブあり。いつもお読みいただき、ありがとうございます。今週も日本全国ドブ行脚の時間がやってまいりました。重度のD専(ドブ専)のワタクシ、全国に気になるドブ川はたくさんあります。今回はその中の1つ、和歌山県は和歌山市を流れます、和歌川にや...
別窓で開く