本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



攻守万能を誇ったジョーダン、ペイトン、オラジュワン…NBA歴代“ベスト2ウェイチームを選定!<DUNKSHOOT>
バスケットボールにおいて、オフェンスだけでなくディフェンスでも一線級の役割をこなす選手は“2ウェイプレーヤー”と称される。NBAでも長い歴史の中で、攻守万能の2ウェイプレーヤーが数多く存在してきた。 今回『THE DIGEST』では、アメリカンスポーツに精通する識者に依頼し、...
別窓で開く

Vまであと2イニングで同点弾…直球のサインにクビ振りスクリューボールを投げた理由(阿波野秀幸)
【昭和最後の伝説左腕 阿波野秀幸「細腕奮闘記」】#19 えっ! まさか……。 その瞬間、私は思わず、打球の行方を追って左翼方向を見上げた──。 1988年10月19日のダブルヘッダー。1試合目に競り勝って迎えた2試合目。八回にブライアントの本塁打で1点を勝ち越し、その裏、私はマウンドに登った。 優勝...
別窓で開く

ドラフト3位指名から“神”になったジョーダン、7位指名でNBAの頂点に立ったカリー…“ドラ1以外”のベストチームを選定!<DUNKSHOOT>
1946年に創設されたNBAは、翌47年からドラフト制度を開始させ、時代によってルールを変えながら現在に至っている。 昨年7月までに計75回のドラフトが行なわれ、その年の最高の選手が1番目に名前を呼ばれてきたが、下位指名でスーパースターに成長し、最終的に1位選手以上の成功を収めた選手も少なくない。...
別窓で開く

「スーパーデュオはたった一組」シャックがハーデン&エンビードのデュオを批判する投稿をシェア<DUNKSHOOT>
ベン・シモンズ(現ブルックリン・ネッツ)の出場拒否騒動に始まり、波に乗り切れなかった序盤戦、年明け以降の復調、トレード期限日当日のジェームズ・ハーデン獲得、そしてプレーオフ・カンファレンス準決勝での敗北。今季のフィラデルフィア・セブンティシクサーズは、アップダウンの激しいシーズンを送ったと言えよう ...
別窓で開く

打者の内角を厳しく攻める捕手の山下和彦さんが心配になった(阿波野秀幸)
【昭和最後の伝説左腕 阿波野秀幸「細腕奮闘記」】#16 2連勝がリーグ優勝の条件だったロッテとのダブルヘッダー。1試合目を競り勝って迎えた2試合目も、もつれにもつれた。 同点の八回、「エディ」ことラルフ・ブライアントの本塁打で1点を勝ち越し、あと2回、ロッテの攻撃を封じれば近鉄の優勝。私は八回裏から...
別窓で開く

「レブロンのトレードを検討すべき」というコメンテーターの発言に元選手が反論。「コビーをトレードするようなものだ」<DUNKSHOOT>
ロサンゼルス・レイカーズの“キング”レブロン・ジェームズは、来季(2022−23シーズン)にNBA20年目の節目を迎える。 今季優勝候補に挙げられながら、プレーオフ進出どころか、プレーイン・トーナメント出場権すら手にできなかったことで、オフシーズンの大刷新報道が過熱するなか、...
別窓で開く

近鉄時代のブライアントは三振が嫌でセーフティーバントを試みた(阿波野秀幸)
【昭和最後の伝説左腕 阿波野秀幸「細腕奮闘記」】#15 外国人選手が持っていたバットを自分の太ももにたたき付け、バキッと真っ二つにするシーンを目にする。 自分の打撃に納得がいかず、怒りをバットにぶつけているのだ。打ち損じたバットは折れかかっているからこそ真っ二つになるわけで、フツーのバットを太ももで...
別窓で開く

カリー、アデトクンボ、デュラント——。NBAスターたちのシーズン最多敗戦数を紹介【Part.1】<DUNKSHOOT>
今年のプレーオフでは、NBAの“キング”レブロン・ジェームズ(ロサンゼルス・レイカーズ)が不出場、ブルックリン・ネッツのケビン・デュラントは1回戦敗退と、リーグを代表するスターの2人が早々に姿を消した。...
別窓で開く

74試合で驚異の34本塁打!“最強助っ人”ブライアントにも泣きどころが(阿波野秀幸)
【昭和最後の伝説左腕 阿波野秀幸「細腕奮闘記」】#14 第1試合に続いて、ダブルヘッダー第2試合も終盤にきて、もつれにもつれた。七回に2本の本塁打で勝ち越したものの、その裏、同点に追い付かれてしまう。 近鉄はしかし、八回にラルフ・ブライアントが右翼にソロ本塁打を放って、またしても勝ち越した。...
別窓で開く

「コビーはジョーダンの最も近いレプリカ」しかしそれゆえに「人々は共感するのに苦労したと思う」とNBAアナリストが証言<DUNKSHOOT>
近年はレブロン・ジェームズ(ロサンゼルス・レイカーズ)がその座に肉薄しているとはいえ、“NBA史上最高の選手”の称号はマイケル・ジョーダン(元シカゴ・ブルズほか)の手にあると言っていいだろう。 そんな彼の跡を継ぐ選手として、これまで数多くのスター候補生たちが“ネク...
別窓で開く


[ ブライアント ] の関連キーワード

dunkshoot ジョーダン part レブロン nba