本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



故エリザベス女王は「晩年、病魔と闘っていた」 英作家が新たな伝記本で主張
エリザベス女王が今年9月に崩御する前、密かに闘病していたという話題が浮上している。女王は昨年から歩行が困難となり、公の場での公務を取りやめることが増えていた。女王の新たな伝記本によると、その理由は「彼女が深刻な病を患っていたからだ」と主張している。エリザベス女王は今年9月8日、スコットランドのバルモ...
別窓で開く


<前へ1次へ>