本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



井上尚弥は「過大評価されている」「普通の選手」 元王者ネリが挑発繰り返す背景
プロボクシングの元世界2階級制覇ルイス・ネリ(メキシコ、28)が、元世界バンタム級4団体統一王者・井上尚弥(大橋、29)を挑発した。米スポーツ専門局「ESPN」(スペイン語WEB版)が2023年2月1日に報じた。■「時が経てばいずれ俺と対戦しなければ」WBC世界バンタム級、スーパーバンタム級を制した...
別窓で開く

レアル、DFフラン・ガルシアの復帰が決定的に…ラージョ会長が公表「シーズン終了後にマドリーに行く」
ラージョ・バジェカーノの会長職に就くマルティン・プレサ氏が、同クラブに所属するDFフラン・ガルシアが来夏の移籍市場でレアル・マドリードに加入することを公表した。2月1日、スペイン紙『マルカ』が伝えている。 1998年8月14日生まれのフラン・ガルシアは現在23歳。レアル・マドリードの下部組織出身で、...
別窓で開く

「指揮官が最もアンフェアな扱いをしている」準レギュラー未満の役割を黙々とこなしてきたベテランが、怪我人続出のマドリーDF陣で真価を発揮!
 ナチョが改めて真価を発揮している。チームに綻びが生まれれば、DFラインのすべてのポジションをこなす持ち前の万能性を活かし、どんな役回りであっても火消し役を買って出るバイプレーヤーの本領発揮といったところだろう。 コパ・デル・レイのビジャレアル戦とラ・リーガのアスレティック・ビルバオ戦では、怪我のダ...
別窓で開く

「ミトマは絶滅危惧種」「魔法で観衆を…」鮮烈弾の三笘薫、スペインメディアが“ドリブル博士”と注目!「 他のドリブラーとは違う」理由
 先のリバプール戦でダブルタッチからスーパーゴールを叩き込んだ三笘薫は、世界中から注目を浴びている。 スペインのラジオ局『CADENA SER』はそのドリブルと、18歳でプロにはならずに大学へ進学したキャリアに注目。1月31日に「ミトマ、プレミアリーグのスター、ドリブルの“博士&rdqu...
別窓で開く

「一番の鍵は日本戦であった」——クロアチア代表指揮官が明かした森保ジャパン攻略の苦悩。8強を懸けた激闘の舞台裏【現地発】
アルゼンチンが36年ぶりの戴冠を果たして幕切れとなったカタール・ワールドカップ(W杯)終了後、世界でも指折りの権威を誇るイタリアのスポーツ紙『La Gazzetta dello Sport』は、大会期間中の各国のパフォーマンスに独自の採点を付けた。 もちろん1位はアルゼンチン(9点)。...
別窓で開く

マドリーは評価急騰の久保建英を買い戻すべきか——。スペインメディアの見解は?「再び最も有望な選手に」「ベンチに座らせるならバカげている。ウーデゴーのように…」
 現地スペインで話題となっているのが、レアル・ソシエダで躍動する久保建英のレアル・マドリー復帰だ。 1月29日に開催されたラ・リーガ第19節のマドリー戦(0−0)で、久保は先発フル出場。2019年から昨夏まで3年間に渡って契約を結んでいた古巣を相手に次々とチャンスを創り出した。...
別窓で開く

なぜDF半田陸はG大阪を選んだのか ローマ移籍もうわさのパリ五輪世代が見据える未来図
 今季G大阪に加入したU—21日本代表DF半田陸(21)は、なぜJ1で低迷するG大阪での新たな挑戦を選んだのか。J2山形の下部組織からトップチームに昇格し、パリ五輪世代でも右サイドバック(SB)として主力を担う逸材には、イタリア1部・ローマからの興味などさまざまなうわさが飛び交った。...
別窓で開く

元コーチの叔父が苦境に立たされるナダルに断言「16歳からツアーを回り、代償を払っている」<SMASH>
長きにわたるキャリアを通じて数々の輝かしい功績を残してきた男子テニス元世界王者のラファエル・ナダル(スペイン/現世界ランク6位)。その彼は今、かつてない苦境に立たされている。 ディフェンディングチャンピオンとして参戦したテニス四大大会「全豪オープン」でもマッケンジー・マクドナルド(アメリカ/大会時6...
別窓で開く

LIVゴルフ、2023年シーズンスケジュールを正式発表 7カ国で14大会、最終戦はサウジで
サウジアラビアの政府系ファンドがバックアップする「LIVゴルフ」は30日、2023年シーズンのスケジュールを正式発表した。全14大会が開催。2月24〜16日にメキシコのカンクン、マヤコバで開幕戦を迎え、最終戦は11月3〜5日、サウジアラビアのジェッタ郊外、ロイヤル・グリーンズG&CCで行われる。...
別窓で開く


[ フォー スペイン ] の関連キーワード

クロアチア smash スペイン ジャパン ガルシア
liv ローマ