本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「初動で核使用」「弾着まで10分」専門家たちが危惧する《北朝鮮ミサイルを過小評価してはいけない理由》
 北朝鮮からのミサイルが着弾したら、日本はどう対処できるのか? 月刊「文藝春秋」2022年6月号に掲載された総特集「誰のための戦争か?」より、 山下裕貴氏×阿南友亮氏×小泉悠氏×古川勝久氏による大座談会「日米同盟vs.中・露・北朝鮮 緊急シミュレーション」 の一部を公開します。...
別窓で開く

ロシアによる「住民投票」「併合強行へ」 これから起きる残酷な事態 (モーニングショー)
ロシアが実効支配するウクライナの4つの州で強行された「住民投票」について、親ロシア派は「ロシアへの編入が圧倒的多数で支持された」と発表した。「プーチン大統領はあすにも正式に4州の併合を宣言するということです」と、きょう29日(2022年9月)の「モーニングショー」で、MCの羽鳥慎一がパネルを使って伝...
別窓で開く

ロシア・ウクライナ情勢、中国の経済面・軍事面での台頭と台湾・香港をめぐる緊張、トランプ前大統領の動きをめぐるアメリカ政治の動揺、そして日本で選挙期間中に起こった安倍晋三元首相襲撃事件……これらのことを見て、「このままで民主主義は大丈夫か」と不安になる人は、むしろ常識的な感覚を持っていると言えそうです...
別窓で開く

陰謀論、フェイク・ニュースなど、SNSのような新しいテクノロジーが「ストーリー」を拡散させ、事実と作り話を区別することが困難になりつつある現代。このたび、上梓された『ストーリーが世界を滅ぼす──物語があなたの脳を操作する』で、著者のジョナサン・ゴットシャル氏は、人間にとって大切な財産である「ストーリ...
別窓で開く

陰謀論やフェイクニュースを信じ、党派的な議論や認知バイアスに陥って、結論を誤る原因とは? ハーバード大学の人気講義が教える、理性の働かせ方を解説した『人はどこまで合理的か』より一部抜粋、再構成してお届けします。8つの事象がそれぞれ今後10年内に起こる確率は?予測事業は今や一大ビジネスに成長している。...
別窓で開く

◆ウクライナ侵攻を契機に分断が加速した世界 ウクライナ侵攻は、先進国=グローバルノース(欧米プラス日本、韓国)と発展途上国=グローバルサウスの対立でもあると、先日上梓したばかりの新刊『ウクライナ侵攻と情報戦』に書いた。  そんな中、2022年7月6日、スリランカが破産を宣言した。このことは、懸念して...
別窓で開く

「ロシアは仕方なくウクライナを侵攻した」と言う日本の言論者がいるのはなぜか
ジャーナリストの佐々木俊尚が7月6日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。ウクライナ情勢について解説した。2022年4月27日、議会関係者との会合で演説するプーチン大統領=ロシア・サンクトペテルブルク(タス=共同) 写真提供:共同通信社NATO全加盟国がフィンランドとスウェーデ...
別窓で開く

ウクライナがサイバー攻撃大国ロシアとの「プロパガンダ戦」を有利に進められたわけ
開戦から100日を超え、いまだ出口の見えないウクライナ問題。ロシアとウクライナの戦争を通じてあらためて印象づけられたのが、サイバー攻撃や両陣営のプロパガンダ合戦といった「情報を巡る戦い」の重要性だ。...
別窓で開く

プーチンの嘘を暴き続けるネット調査報道集団「べリングキャット」のスゴ技
ウクライナ侵攻に関連してロシアがまき散らす数々の情報をフェイクだと見破り、証拠と共に国際社会に発信し続けている「べリングキャット」。実は、この調査報道集団vsロシアの情報戦の歴史は2014年にまでさかのぼる。彼らはどうやってプーチンの嘘を暴き続けているのか? 在英ジャーナリスト・木村正人氏がレポート...
別窓で開く

現在の自衛隊の力では、ロシア軍が攻めて来た場合「3ヵ月」しか持たない
元内閣官房副長官補で同志社大学特別客員教授の兼原信克が5月30日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。国家安全保障戦略の改定について解説した。...
別窓で開く


[ フェイク プーチン プーチン ロシア ] の関連キーワード

ウクライナ 自衛隊 ロシア 北朝鮮

<前へ1234次へ>