本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「ChatGPT」によって変わる「これからの大学生」の4年間
地政学・戦略学者の奥山真司が3月28日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。ChatGPTについて解説した。...
別窓で開く

幕末の白黒写真カラー化=AI技術活用、太平洋戦争も—「興味持ちにくい」受け・教科書検定
 日本の歴史を学ぶ教育出版の小学6年向けの教科書には、人工知能(AI)の技術を使って幕末や太平洋戦争などの白黒写真をカラー化した計52枚が掲載された。文部科学省の担当者は「教科書でこれだけ大規模に写真がカラー化された例は記憶にない」としている。 同社によると、現場の教師から「近現代は白黒写真が多く、...
別窓で開く

「主体的学び」さらに推進=全てにQRコード掲載—小学校教科書検定・文科省
 文部科学省は28日、小学校で2024年度から使用される教科書の検定結果を公表した。新しい指導要領になってから2回目の検定で、各教科書会社は前回に続き「主体的・対話的で深い学び」(アクティブ・ラーニング=AL)を重視。児童生徒に1人1台の情報端末を配備する「GIGAスクール構想」がほぼ完了した中、申...
別窓で開く

日テレ水卜麻美アナ×中村倫也“ステルス電撃婚”の舞台裏…なぜ発表はこの時期だった?
(末長くお幸せに!(C)日刊ゲンダイ) 日本テレビの水卜麻美アナウンサー(35)が25日、自身のインスタグラムを更新し、俳優の中村倫也(36)と結婚したことを電撃発表した。〈突然のご報告となりますが、この度、私たち、中村倫也と水卜麻美は結婚いたしました〉の文面には、84.2万の「いいね!」が付けられ...
別窓で開く

ダニエル・ラドクリフ、恋人エリン・ダークが第1子を妊娠 大きなお腹でNYの街を仲良くデート
俳優ダニエル・ラドクリフ(33)の恋人で女優のエリン・ダーク(38)が、2人の第1子を妊娠中であることが発覚した。エリンは大きなお腹をしてダニエルとニューヨークの街を歩く姿がキャッチされており、2人の代理人が妊娠の事実を認めた。ダニエルとエリンは2012年に映画で共演したことで知り合い、その後交際に...
別窓で開く

バレンタインのチョコも? 世の中にはプロパガンダがたくさんあるという認識を持つ(松島修)
(トランプ前米大統領の支持者は暴動まで起こした(C)ロイター=共同)【富を拡大するインテリジェンス2.0】 米国ではトランプ氏が大統領に就任した頃から、大手メディアのニュースのことをフェイクニュースと呼んでいました。 米国では自分たちの主張を配信するための偏向報道は当たり前ですが、嘘の内容まで報道す...
別窓で開く

「BMSG」新オーディション、メディアリテラシー学習・SKY-HI社長面談…最終合宿の内容が「凄すぎる」と話題に<MISSION×2>
【モデルプレス=2023/03/24】SKY-HI率いるマネジメント/レーベル「BMSG」の公式YouTubeチャンネルにてドキュメンタリー番組「MISSION×2(ミッション・ミッション)」(全12話/毎週金曜よる9時〜)の第11話が、24日に配信された。最終審査合宿の内容に注目が集まっている。...
別窓で開く

ロシアは世界でどのような諜報活動を行っているのか。ジャーナリストの池上彰さんは「プーチン大統領以降、スパイではなくインターネットを使った工作を得意としている。アメリカの大統領選やイギリスの国民投票に大きな影響を与えた」という——。(第2回)※本稿は、池上彰『世界史を変えたスパイたち』(日経BP)の一...
別窓で開く

「世界最高の知性」の一人と言われるジャック・アタリ氏。「ソ連崩壊」から「ドナルド・トランプ誕生」まで数々の歴史的出来事を予言してきた彼は、国際競争力が落ちる日本に“今こそ必要なものが3つある”と言います。岐路に立つ日本は、いったいどこへ向かうべきなのか。『2035年の世界地図——失われる民主主義 破...
別窓で開く

スマホが普及した2010年代、世界はどのように変わったのか。トロント大学のジョセフ・ヒース教授と映画評論家ジョナサン・ローゼンバウム氏のインタビューを収録した『アメリカ 流転の1950-2010s 映画から読む超大国の欲望』(祥伝社)から、一部を抜粋してお届けする——。■スマホ画面のポケモンに夢中に...
別窓で開く