本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



塚本晋也監督作『野火』7月から8月にかけて今年も各地でアンコール上映を実施  戦争と平和について考える機会に
戦後70年にあたる2015年に初公開され、これまで7年連続で毎夏かかさず上映を重ねてきた塚本晋也監督の『野火』。今年も終戦記念日を中心に、渋谷・ユーロスペースほか全国にてアンコール上映を行うことが決定した。本作は塚本監督が構想から20年の歳月をかけ完成させ、2014年にヴェネチア映画祭メインコンペテ...
別窓で開く

「戦場にいない間、全てを忘れたい」と語るウクライナ兵 50日間現地取材した記者が明かす戦地のリアル
「プーチン」「ゼレンスキー」「NATO」……。日々飛び交う固有名詞に、我々は戦争を知った気になる。だが、戦時という非日常を日常のものとして生きる名もなき兵士や市民の現実を、果たしてどれだけ分かっているか。現地50日間の取材に基づく「ウクライナ戦記」。【水谷竹秀 / ノンフィクション・ライター】 **...
別窓で開く

中国の少女が「三国志」を例にウクライナ戦争を解説、フィリピン外相までが称賛—中国メディア
2022年5月11日、中国メディアの観察者網は、中国の少女がウクライナ情勢を三国志になぞらえて解説する動画が注目を集め、その的確さにフィリピンの外相までもが称賛したと報じた。記事によると、ネット上にこのほど、中国の学校の制服とおぼしきポロシャツを着た小学生くらいの少女が、父親からウクライナ情勢につい...
別窓で開く

<W解説>文大統領夫人の「ヒョウのブローチ」騒動とは?=韓国で2億 vs 2万の論争
2017年、韓国のパク・クネ(朴槿恵)前大統領が弾劾された時、衣装代も問題となっていた。当時、弾劾政局を主導していた革新系勢力は、朴前大統領の衣装に、使い道を公開する必要のない「特殊活動費」が使われたと主張しながら非難していた。弾劾後に大統領になったムン・ジェイン(文在寅)大統領は、「歯磨き粉まで自...
別窓で開く

南シナ海に沈んだ米軍ステルス機。米vs中国「捜索バトル」が勃発!
南シナ海で1月24日、米軍の戦闘機F−35Cが空母カール・ビンソンへの着艦に失敗し、海没した。SNSに出回っている空母艦隊の関係者が撮影したとみられる動画や写真から、機体は大破せず、ほぼ無傷で海底に沈んだことがわかっている。「南シナ海は美しく静かで平和な海。...
別窓で開く

海没F-35Cに中国はどう出る? 現場は南シナ海! 有事へ発展する可能性はあるのか
戦闘機といえば軍事機密のカタマリで、米海軍のF-35C戦闘機もまさにそれですが、よりにもよって中国の目と鼻の先、南シナ海に没んでしまいました。アメリカは当然、サルベージ作業を実施します。これに対し中国はどう出るのでしょうか。最新鋭艦載ステルス戦闘機F-35C 南シナ海に沈む「南シナ海は美しく静かな平...
別窓で開く


<前へ1次へ>