本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「俺は“セイジの息子”だ」ドラゴンズの頼れる助っ人、A・マルティネスと名古屋の会社員との深くて温かい物語
 奮闘する立浪ドラゴンズにとって欠かせない存在になっているのが、若きキューバ人選手たちだ。 NPB屈指の剛腕クローザーへと成長したライデル・マルティネス、今年からセットアッパーの重責を担うジャリエル・ロドリゲス、そして選手の大量離脱によってピンチを迎えたヤクルト戦で2試合連続の決勝ホームランを放った...
別窓で開く


<前へ1次へ>