本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



台湾招待の「民主主義サミット」 一方、米が“重視”するベトナムを除外した意図は
ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(11月25日放送)に二松学舎大学国際政治経済学部専任講師の合六強が出演。12月にアメリカで開催される「民主主義サミット」について解説した。...
別窓で開く

フランスメディアのRFIは6日、日本や中国、ASEAN諸国などが参加して2022年1月1日に発効する地域包括的経済連携協定(RCEP、アールセップ)がもたらす効果を紹介する記事を発表した。RCEPに加盟したのは日本、中国、ASEAN10カ国(ブルネイ、カンボジア、インドネシア、ラオス、マレーシア、ミ...
別窓で開く

日本を除いてK-水産物の人気が高まる…10月までに22.4億ドルを輸出=韓国報道
韓国海洋水産部は7日、今年10月の累積水産物輸出額が昨年同期比で20.5%増加した22億4000万ドル(約2550億1200万円)を記録したと発表した。練り物やハラール認証水産食品の輸出拡大などが影響した。水産物の輸出額は今年7月にこれまでの過去最高額だった2019年の輸出額を超えた後、毎月最高額を...
別窓で開く

日本発の巨大モバイル用乾電池ビジネスは本当に成功するのか?(小沢コージ)
【クルマは乗らなきゃ語れない】 ホンダモバイルパワーパックe ◇  ◇  ◇「インドはリキシャ(国民の足たる三輪車)を800万台保有してるんです。それをインド政府はCNG(圧縮天然ガス)車からEVにしろって3年前から言い続けてる。ここが動いたら大きいですね」(ホンダ担当エンジニア) 気になる革新的電...
別窓で開く

「中国は確実に台湾に侵攻する」前統合幕僚長が警鐘 沖縄の海が戦場と化す?
 覇権主義国家と化した中国は「神聖なる使命、崇高なる目標」と掲げる中台統一への野心を剥き出しにしつつある。間近しともいう人民解放軍の軍事侵攻は不可避なのか。一昨年まで自衛隊トップの統合幕僚長を務めた河野克俊氏が、台湾有事のリアルを解説する。 **** 国家の経済発展が海軍力の増強と海洋進出を伴うのは...
別窓で開く

中国の「ルール変更」拒絶のために、日本がやるべきこと 〜英空母「クイーン・エリザベス」が米軍横須賀基地へ入港
ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(9月6日放送)にジャーナリストの須田慎一郎が出演。イギリス海軍の空母「クイーン・エリザベス」が9月4日に米軍横須賀基地へ入港したニュースについて解説した。...
別窓で開く

デルタ株拡大のASEAN地域、供給ショックに追い打ちか
●デルタ株の感染拡大が続くASEAN地域 これまで新型コロナウイルスの感染拡大を比較的抑え込んでいたアジアで、デルタ株が猛威をふるっている。【こちらも】半導体不足で存在感を示す台湾TSMC 日本や韓国ではワクチン効果もあり、死者も抑えられているが、ASEAN地域(東南アジア)ではワクチン接種率が低い...
別窓で開く

一枚岩ではないASEANとどう向き合うか〜米ブリンケン国務長官がASEANの関連会合に出席
ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(8月2日放送)にジャーナリストの須田慎一郎が出演。ブリンケン米国務長官が8月2日から始まる東南アジア諸国連合(ASEAN)の関連のオンライン会合に出席するというニュースについて解説した。...
別窓で開く

5年経っても、南シナ海・仲裁判所の判決を無視する中国(茂木大臣談話を発表)
 2021年7月、中国共産党誕生100年。中国の習近平国家主席は「尊敬される中国のイメージを作り上げるよう努力すべきだ」と述べ、国際的なイメージアップなどをはかるよう指示しているが、世界は俺のものだという中華思想が見え隠れしている。 中国は自国の利益のために、他国を欺くこと、騙すことは普通の戦略だ。...
別窓で開く

「いつでもその気になれば沈められるぞ」という英空母へのメッセージか〜中国軍が南シナ海で軍事演習
ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(5月27日放送)に神戸大学大学院法学研究科教授・NPO法人インド太平洋問題研究所理事長の簑原俊洋が出演。南シナ海で中国軍が軍事演習を行ったというニュースについて解説した。...
別窓で開く


[ フィリピン asean ] の関連キーワード

asean エリザベス 南シナ海 rcep ベトナム
横須賀

<前へ123次へ>