本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



トンガ大規模噴火 日本の家畜の餌が足りなくなる可能性も
ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(1月19日放送)にジャーナリストの佐々木俊尚が出演。大規模な火山の噴火による被害を受けたトンガへの支援について解説した。...
別窓で開く

トンガ噴火による潮位変化「津波かどうかは不明」 〜これまでとは異なる気象庁の会見
ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(1月17日放送)にジャーナリストの須田慎一郎が出演。トンガ諸島付近の海底火山の噴火の影響によって発表された太平洋沿岸での津波警報について解説した。...
別窓で開く

「ニッポンにはゾッとする」日本の海外組が“57か国に307人”という統計発表に中国衝撃!「差は広がるばかりだ」【2021総集編】
 ついに年が明け、2022年となった。本稿では、2021年のサッカー界における名場面を『サッカーダイジェストWeb』のヒット記事で振り返る。今回は、中国のあるメディアが発表した、日本人選手の海外組に関する統計が反響を呼んだ記事を再掲する。記事初掲載:2021年4月22日———◆——◆——— 中国の権...
別窓で開く

Z世代と考えるSDGs 剛力彩芽が「若者から学ぶ」意外なSDGsとの距離感とは
SDGsについてZ世代と考えた剛力彩芽が、そこで学んだ「挑戦」の重要さを語った。剛力彩芽女優・剛力彩芽と持続可能な開発目標「SDGs(エスディージーズ)」を学ぶニッポン放送の特別番組『SDGs MAGAZINE』。第19回放送の冒頭で、剛力は同番組のオリジナル企画「剛力彩芽とZ世代とで考えるSDGs...
別窓で開く

台湾招待の「民主主義サミット」 一方、米が“重視”するベトナムを除外した意図は
ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(11月25日放送)に二松学舎大学国際政治経済学部専任講師の合六強が出演。12月にアメリカで開催される「民主主義サミット」について解説した。...
別窓で開く

デヴィ夫人、幼き頃の苦労時代を語る 「定時制の学校へ通いながら生命保険会社と喫茶店で働いていた」
11月11日(木)、Click Holdings株式会社・代表取締役社? 半沢龍之介が編集長、ニッポン放送・前島花音アナウンサーが副編集長を務めるラジオ番組「ラジオマガジン・登龍門」(ニッポン放送制作)が放送。デヴィ夫人が出演し、バラエティ番組で活躍する夫人が若かりし頃にしていた努力について語った。...
別窓で開く

「2ヶ月ぶりのお客さんだ」ニッポンの秘境・南大東島を直撃 “怪魚インガンダルマ”を求めて旅してみたら…
強権企業が島を支配、日本円すら流通せず…ナゾの離島「南大東島」のディープすぎる世界 から続く 離れ小島──。なんとも心を揺さぶる言葉だ。同じ日本国内にありながら、特有の歴史と生物相を持つ場所。ただし一部の観光地をのぞけば、よほどの事情がない限り行く機会がない。「文春オンライン」編集部では、そんな...
別窓で開く

強権企業が島を支配、日本円すら流通せず…ナゾの離島「南大東島」のディープすぎる世界
 離れ小島──。なんとも心を揺さぶる言葉だ。同じ日本国内にありながら、特有の歴史と生物相を持つ場所。ただし一部の観光地をのぞけば、よほどの事情がない限り行く機会がない。「文春オンライン」編集部では、そんな日本国内の離島にルポライターの安田峰俊氏を派遣。現地をルポしてもらうことにした。...
別窓で開く

日比谷・有楽町が映画の街に! 「第34回東京国際映画祭」レポート
【Tokyo cinema cloud X by 八雲ふみね 第1023回】※写真は、フェスティバルアンバサダーの橋本愛  (C)TIFF2021シネマアナリストの八雲ふみねが、いま、観るべき映画を発信する「Tokyo cinema cloud X(トーキョー シネマ クラウド エックス)」。34回...
別窓で開く

衆院選における各党の外交・安全保障政策 〜新しい時代の「平和主義」はどうあるべきか
ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(10月22日放送)に外交評論家・内閣官房参与の宮家邦彦が出演。各党の外交・安全保障政策について解説した。ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」各党の外交・安全保障政策10月31日の投開票に向けて論戦が行われている衆院選。...
別窓で開く



<前へ123456次へ>