本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



近年、「生産性が低い」「チャレンジ精神がない」「女性活躍が遅れている」......と評判ガタ落ちの日本企業だが、「世界一!」と誇れるものがあった。それは、お金の支払い振りのよさだ。約束期日を堅実に守る律儀さにかけては「100%正確」であるようだ——。東京商工リサーチが2022年1月9日に発表した「日...
別窓で開く

男性ならば、だれもが一度は憧れる(!?)金髪美女との国際結婚。「若い時からずっと外国人と結婚したかったんですよ」 相沢さん(48歳・仮名)もそんなひとりである。彼は現在、日本の地方都市でルーマニア人の妻と二人で暮らしている。ルーマニアは東ヨーロッパに位置する。果たして、どこで出会い、いかにして愛を育...
別窓で開く

国際色豊かな2つのシンデレラストーリー。全米OP決勝に駆け上がったフェルナンデスとラドゥカヌ<SMASH>
今大会が始まった時、この決勝の顔合わせを予想できた人は、恐らくは皆無だっただろう。ランキングで上位に立つのは、19歳で73位のレイラ・フェルナンデス。対するのは、18歳で150位のエマ・ラドゥカヌ。いずれも、“ニューカマー”から一気に頂上決戦の舞台まで駆け上がった、シンデレラ...
別窓で開く

コロナがあぶり出した偽装結婚の闇「性産業の北欧女性は3万円が払えずに…」
 言うなれば、紙切れ1枚の犯罪……。それだけに罪悪感が薄れ、小遣い稼ぎの気持ちで、犯行に加担する日本人男性が後を絶たないという。 ルーマニア人ホステスと客として知り合い、偽装結婚したとみられる男女が、8月14日、警視庁に逮捕された。逮捕されたのは神奈川県平塚市の性産業店の従業員でルーマニア国籍の33...
別窓で開く


<前へ1次へ>