本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



アンドルー王子、公務復帰計画がチャールズ皇太子とウィリアム王子に阻止される
エリザベス女王と故エディンバラ公フィリップ王配の第3子ヨーク公アンドルー王子が、王室伝統のガーターセレモニー(ガーター勲章叙任式)への出席を急遽取りやめた。王子は王室公務に復帰できるようエリザベス女王に働きかけたものの、チャールズ皇太子とウィリアム王子の意見により出席が阻止されたという。...
別窓で開く

チャールズ皇太子、国会開会式でエリザベス女王の代理を務める 英王室にとって歴史的瞬間に
エリザベス女王(96)が伝統行事の国会開会式(The State Opening of Parliament)を欠席し、代理としてチャールズ皇太子(73)が女王の演説を読み上げた。この日は王室にとって、未来の国王である皇太子が君主に最も近い役割を務めるという歴史的な瞬間となった。...
別窓で開く

エリザベス女王、夫フィリップ王配の追悼式で涙ぐむ 王室ファンら「美しいトリビュート」「強いお方」
エリザベス女王(95)が、ロンドンのウェストミンスター寺院で行われた故エディンバラ公フィリップ王配の追悼礼拝に出席した。女王はアンドルー王子に付き添われて寺院に到着し、讃美歌を合唱する際には涙ぐむ姿も見られた。ロンドンのウェストミンスター寺院で現地時間29日、エリザベス女王の夫エディンバラ公フィリッ...
別窓で開く


<前へ1次へ>