本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



平凡な投手が次々に大変身! MLB移籍を目指す藤浪晋太郎にオススメしたい“魔改造工場”ドジャースとレイズ<SLUGGER>
このオフ、阪神の藤浪晋太郎はメジャー移籍を目指している。12月1日には正式にポスティングを申請し、今後はメジャー球団との交渉が本格化していくと見られている。 すでにダイヤモンドバックスやレッドソックスが接触しているとの報道もあるが、ここで藤浪にお勧めしたい球団がある。投手の“魔改造&rd...
別窓で開く

ジャッジが宿命のライバルへ移籍の可能性も!?MLB公式「ベーブ・ルース以来の大物になってしまう」本人は否定せず
メジャー・リーグ(MLB)のワールドシリーズは現地時間11月5日、ヒューストン・アストロズがフィラデルフィア・フィリーズを下し、通算4勝2敗で5年ぶり2度目の世界一に輝いた。これで、今シーズンのMLB全日程が終了した。 そして、今オフのメジャー移籍市場で最大のトピックとなるのが、アーロン・ジャッジ(...
別窓で開く

ド軍メディア記者も大谷翔平に注目!圧巻の二刀流パフォで 「2022年プレーヤーズ・チョイス・アワード」最終候補者に選出
現在行なわれているフィラデルフィア・フィリーズとヒューストン・アストロズのワールドシリーズが終われば、いよいよ本格的に個人タイトルの発表が始まる。 ドジャース・ニュースメディアの『Dodger Blue』のブレイク・ウィリアムズ記者は、1992年以来、オン・フィールドとオフ・フィールドの両方で優れた...
別窓で開く

3球三振のはずが。ダルビッシュ、“誤審”に泣いて勝ち越し弾を浴びる。「ストライクだったのに」と地元記者ら憤慨
  一球の判定が試合の流れを変える。まさにそんなシーンが、大舞台で登板中の右腕を襲った。 パドレスのダルビッシュ有は現地時間10月12日、敵地で行われているドジャースとの地区シリーズ第2戦に先発。1回表にマニー・マチャドがクレイトン・カーショウから先制弾を放った直後、自らもフレディ・フリー...
別窓で開く

プレーの主導権を再び選手たちの手へ——ピッチクロックやシフト禁止は行き過ぎたデータ野球への“防御壁”になるか<SLUGGER>
2023年から、MLBではいくつかのルールに変更が加えられる。1つは極端な守備シフトの禁止。2つはピッチクロック導入による投球時の秒数制限、および牽制回数の制限。3つ目はベースのサイズの拡大である。これらのルールは、実際の試合にどのような影響を及ぼすのだろうか。 まずシフト禁止だが、投手が球を投げる...
別窓で開く

月間打率は驚異の4割超え! 三冠王へ猛進する村上宗隆。MLBスカウトも垂涎の怪物には通算287発の強打者との比較も
連日連夜の大活躍だ。ヤクルトの主砲・村上宗隆の勢いはシーズン終盤を迎えようとしているなかで、より凄みを増してきている。 8月27日に横浜スタジアムで行なわれたDeNA戦に「4番・サード」で先発した村上は、5打数5安打4打点の固め打ち。終盤の8回には2試合連続となる48号ソロホームランを放ち、敵地のフ...
別窓で開く

「ドジャースならほぼ無敵」「パドレスもかなりのショーに」大谷翔平のトレードはMLB史上最も衝撃的な変化になり得ると米メディア見解
シーズン中盤の戦いが繰り広げられているMLBは、各チームの成績や個人記録などがさらに注目を集めている。そしてもうひとつ、ファンやメディアを大いに賑わせてきているのがトレードトピックだ。現地時間8月2日が期限となる中で、今季の移籍市場の目玉とも伝えられる大谷翔平の電撃移籍の噂も根強く囁かれ続けている。...
別窓で開く

“球宴前ラスト試合”を大谷翔平がマルチ安打締め! 一方、エンジェルスは「大谷しか勝たん」脱出ならず
現地時間7月16日、ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平は、本拠地で行なわれたロサンゼルス・ドジャース戦に「2番・DH」でスタメン出場し、4打数2安打をマーク。3試合ぶり、今季23度目のマルチ安打でオールスター前の前半最終戦を締めくくっている。【動画】大谷翔平が前半最終戦でマルチ安打! 第3、4打席...
別窓で開く

ダルビッシュ有、強打のドジャース打線に“初の”3被弾! パドレス地元紙は「十分すぎるアドバンテージになった」と嘆き
重量級打線が、ダルビッシュ有(サンディエゴ・パドレス)に襲い掛かった。 現地時間7月2日に敵地で行なわれたロサンゼルス・ドジャース戦で、パドレスのダルビッシュは先発登板。初回にレギュラーシーズンでは初となる3本塁打を打たれ、6回8安打5失点で降板。惜しくも日米通算180勝目は逃した。 立て続けに長打...
別窓で開く

フリーマンのドジャース移籍は代理人が“仕組んだ”ものだった!? ブレーブスの最終オファー秘匿が発覚して解雇&大炎上
現地時間6月29日、驚きの、そして悲しくなるニュースが飛び込んできた。昨オフのFA(フリーエージェント)市場で注目を集めていた大型一塁手のフレディ・フリーマンのロサンゼルス・ドジャースへの移籍が、どうやら代理人により“操作”されていたのでは、と各媒体が報じているのだ。...
別窓で開く


<前へ12次へ>