本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



高木豊のパ・リーグ新助っ人診断。唯一の「×評価」だった球団は?
 セ・リーグに比べて、すでに出場機会を増やしている新外国人選手が多いパ・リーグ。投手、野手ともにさまざまなタイプの選手がいるが、セ・リーグ編に続き、高木豊に球団ごとに【◎、〇、△、×】の4段階で評価してもらった。※高木氏に取材した時点で一軍での出場がない選手、出場試合数が少ない選手は評価を省略。また...
別窓で開く

フランコ、ミッチェル、マック…ストライキの影響で大物メジャーリーガーが続々来日した95年。今年も同じことが起きる?<SLUGGER>
MLBはまだロックアウトが解決せず、開幕延期の可能性が高くなっている。もし労使交渉の影響で開幕が延期されたとすれば、1995年以来の事態。実はこの年は、なかなか決まらない開幕に業を煮やし、大物メジャーリーガーの働き場を求めて来日した。【動画】まさにメジャー級のパワー。...
別窓で開く

「リノベーションの始まりだ!」“最強キューバ勢”モイネロ、グラシアル、デスパイネの残留を現地メディアはどう報じた?
ホークスに頼もしい助っ人3人衆が帰ってくる。 ソフトバンクは1月27日、ジュリスベル・グラシアル内野手、アルフレド・デスパイネ外野手、リバン・モイネロ投手の3選手と2022年シーズンの選手契約を締結したことを発表した。年末の段階から残留濃厚と報じられていたが、いよいよ確定して今季の反攻を目指す。 彼...
別窓で開く

ソフトバンク新助っ人、“荒れ球”チャットウッドの日本移籍を現地メディアはどう報じた?「再び先発に戻るだろう」
2021年の大みそかに、来季への逆襲を期するソフトバンクが新たな“大物”を獲得することが明らかになった。メジャー通算52勝の右腕タイラー・チャットウッドと契約に合意したというのだ。【動画】若鷹軍団に加わるチャットウッドの投球集がこれだ 2008年ドラフト2巡目指名でロサンゼル...
別窓で開く

「タレントの宝庫が生まれた」相次ぐアジア移籍を巨人新助っ人の古巣専門メディアが分析「マイナー契約より保証を求めて」
MLB選手たちの相次ぐ海外移籍から、米メディアも目が離せないようだ。  12月17日、巨人がマット・アンドリース投手の獲得を発表した。アンドリースはメジャー7年で217試合に登板した32歳。先発・リリーフを合わせ、通算28勝を挙げている。...
別窓で開く

「ちょっとしたサプライズ」“実績十分”ガルビスのソフトバンク入りの噂に米メディアが反応「彼だけにとどまらない」
MLBでレギュラークラスの活躍を続けてきた大物のNPB移籍に、海外メディアも熱い視線を注いでいる。 先日、複数のメディアがソフトバンクの新助っ人候補にフレディ・ガルビスを挙げた。ガルビスはメジャー通算1102試合で966安打を放っている、32歳の遊撃手。今季はオリオールズ、フィリーズに所属し、計10...
別窓で開く

鷹新助っ人候補ガルビスはどんな選手? パンチ力が魅力の両打ち遊撃手で、MLB屈指の名左腕キラー<SLUGGER>
日本球界では、昔から「助っ人外国人選手=長距離砲」が定番となっているが、最近はそんな印象を覆す選手が出てきている。 2020年はアルシデス・エスコバー(ヤクルト)、そして今季はアデイニー・エチェバリア(ロッテ)と、MLBでも正遊撃手を務めた実績のある選手が来日した。今回、ソフトバンク入りが報道されて...
別窓で開く


<前へ1次へ>