本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



新刊『一生、歩ける体は70歳からの食べ方で決まる』
70歳現役医師が教える「寝たきり」にならない食べ方株式会社主婦の友社(東京都品川区)は、栗原クリニック東京・日本橋 栗原毅院長の著書『一生、歩ける体は70歳からの食べ方で決まる』を発売しました。メディアでも活躍する70歳の現役医師が、寝たきりにならない、死ぬまで歩ける体をつくるコツを教えてくれます。...
別窓で開く

新型コロナワクチン後遺症の患者が急増している……。2回目までは大丈夫だった人でも、3回目、4回目で急に症状が出る場合もある。これはデマではなく現実である。「ワクチン後遺症の駆け込み寺」と言われる長尾クリニック(兵庫県尼崎市)長尾和宏医師が、医療現場で診察した事例をもとに、新型コロナワクチンの危険性を...
別窓で開く

フレイル予防にお茶の可能性「第7回 伊藤園健康フォーラム」
40代からフレイル対策をするべき理由株式会社伊藤園(東京都渋谷区)は9月9日、「今日からはじめるフレイル予防」をテーマに「第7回 伊藤園健康フォーラム」(主催:伊藤園中央研究所)を伊藤園公式YouTubeにて開催しました。コロナ禍において運動や社会参加の機会が減る中、若い世代にもフレイル対象者は増加...
別窓で開く

寝たきりになりたくない…押さえておきたい5つの「M」 米で活躍する老年医学の専門医が提唱
(自分らしく最期を迎えたい(写真はイメージ)/(C)日刊ゲンダイ) 寝たきりにならず、ピンピンコロリで最期を迎えたいと思っている人は多いだろう。そのために押さえておくべきことは何か?「健康寿命」は、「平均寿命」から寝たきりや介護の期間を除いた期間のこと。厚労省のデータによると、2019年の平均寿命は...
別窓で開く

「じっとしていても痩せやすい体」になるにはタンパク質の摂取が肝心
(健康に過ごすためには筋肉量が重要) 何もしなくても痩せやすい体でいるには、筋肉量が大事。筋肉量が多い人と少ない人では、体重に差が出てくる。「筋肉はタンパク質で作られます。その合成にはエネルギーが必要で、それに応じて脂肪の消費量が変わるため、筋肉の多い人の方が太りにくい」 こう話す立命館大学スポーツ...
別窓で開く

「高齢者のがん治療」知っておきたい16のポイント 静岡がんセンター山口建総長が解説
() 健康保険では65歳以上75歳未満を「前期高齢者」、75歳以上を「後期高齢者」と区分している。2010年の統計では、全てのがん患者の41%が後期高齢者で、29%が前期高齢者。つまり、がん患者の70%が高齢者だ。高齢者のがん治療において、特に知っておくべきことは何か? がん対策推進協議会会長を務め...
別窓で開く

夏場の運動不足に悩んだら…「足をブラブラさせるだけ」で肥満&寝たきり予防
運動機能が衰えると、やがて寝たきりになるリスクを高めてしまう。なるべく体を動かさなければとわかってはいても、さまざまな理由をつけて、結局体を動かさないという人も多いだろう。「私はリウマチ内科医として関節リウマチの患者さんを多く診てきましたが、関節に痛みがあると、体を動かす機会が減少しがちです。...
別窓で開く

今のうちに「老い」について押さえておきたい基本的な知識
老年医学の専門家である和田秀樹氏によると「老いに対しての知識がないことで、過度に不安になったり自分を追い詰めてしまう人が多い。それによって老いが加速したり、不幸な老い方をする人が出てきている——」とのこと。人間だれしも老いを迎えるが、“損する老い方”だけはしたくないもの。そこで、「老い」について知っ...
別窓で開く

「血管」「骨」の状態に加えて「性格」も…“オーバー100歳”に見る共通点
「『百寿者』と呼ばれる100歳以上の人たちが長生きできるのは、特殊な長寿遺伝子があるためとは限りません。寿命に対し遺伝が関連しているのは25%ほど。残りは環境的要因が占めます。特に50代以降の生活習慣が大きく影響します」そう語るのは、慶應義塾大学医学部百寿総合研究センターの新井康通教授だ。...
別窓で開く

SMS、自治体向け「介護・フレイル予防」の新サービス提供開始
国の「健康寿命延伸プラン」に対応株式会社エス・エム・エス(東京都港区)は、自治体向け新サービス「データを活用した介護・フレイル予防」を7月より提供開始しました。また、7月27日(水)〜29日(金)東京ビッグサイトにて開催される「第7回 フレイル・介護対策EXPO」に同サービスを出展します。...
別窓で開く


[ フレイル ] の関連キーワード

伊藤園 sms

<前へ123456次へ>