本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ハドソン川で蒸気船クラーモントが試運行に成功(1807年8月17日)
 米国の技術者で発明家ロバート・フルトン。フルトンは若い頃は画家をしていましたが1786年に絵画を学ぶために英国に渡りました。しかし、英国でフルトンを魅了したのは産業革命による社会の発展でした。フルトンは絵画そっちのけで科学と技術を学んで特許を取るようになり発明家となりました。...
別窓で開く

■「さようならウクライナ、こんにちは台湾」ペロシ米下院議長の台湾訪問に伴う米中関係の悪化を「歓迎」しているのがロシアだ。クレムリンには、米国はウクライナと台湾で「二正面作戦」を強いられ、ウクライナ侵攻への国際的関心が相対的に低下するとの期待がある。ロシアのメディアでは、「中国はロシアにますます接近」...
別窓で開く

“驚異の男”マルチネスが独自のPFPで1位に選んだのは? 猛者たちと並べて井上尚弥を「信じられない存在だ」と称賛!
強者がひしめき合う現在のボクシング界。そのなかで度々、各メディアの話題に上がるのが、階級を度外視した格付けランク「パウンド・フォー・パウンド(PFP)」だ。...
別窓で開く

フィリピン人記者が井上尚弥の“バンタム級統一目前”に無念。カシメロの問題行動を嘆く「イノウエとの差は歴然」
日本が世界に誇る“モンスター”にとっての悲願の一戦が近づいている。 8月2日、ボクシングのWBAスーパー、IBF、WBC世界バンタム級王者の井上尚弥(大橋)が、WOWOWの特番「井上尚弥出演!エキサイトマッチSP『井上尚弥vsノニト・ドネア』第2戦」(8月15日午後9時放送)...
別窓で開く

しっかり見据える“壮大な挑戦”。井上尚弥が抱くSバンタム級への不安と自信「数キロですけど、凄い差だと思う」
日進月歩で進化を遂げるモンスターが、激闘を語った。 8月15日にWOWOWにて配信されるスペシャル番組に出演したボクシングのWBA・IBF世界バンタム級タイトルマッチを終えた井上尚弥(大橋ジム)が取材に応じ、去る6月7日に行なわれた同級3団体統一戦で破った前WBCバンタム級王者ノニト・ドネア(フィリ...
別窓で開く

井上尚弥、いざバンタム級統一へ! バトラー戦への“自己分析”は?「早いラウンドの決着なんて考えてないです」
鋭い眼光は、悲願の“バンタム級制覇”のみを見定めている。 8月15日にWOWOWにて配信されるスペシャル番組に出演したボクシングのWBA・IBF世界バンタム級タイトルマッチを終えた井上尚弥(大橋ジム)が取材に応じ、年内に開催予定となっているWBO世界バンタム級王者ポール・バト...
別窓で開く

アリやルイスも出来なかった“無敗引退”。井上尚弥の掲げた壮大な目標に米メディアも最敬礼「イノウエができないと誰が言える?」
去る6月27日、現WBAスーパー&IBF&WBC同級王者の井上尚弥(大橋)は、自身の今後の目標を問われ、こう語った。「プロボクサーとして到着点、最終地点は35歳まで。そこまでの道のり、理想は無敗でゴール」 無論、容易に到達できる終着点ではない。...
別窓で開く

井上尚弥に敗れた豪戦士が「あれから成長した」と自信満々! バトラー戦にも意欲「世界王者になる準備ができている」
2年前の敗戦から立ち直り、豪戦士が再び世界タイトルへの闘志を漲らせている。ボクシングWBC、WBO世界バンタム級1位のジェイソン・モロニー(オーストラリア)だ。【動画】渾身の右ストレート炸裂! モロニーを撃破した井上尚弥のKOシーン 2020年10月には、米ネバダ州ラスベガスで現WBAスーパー&IB...
別窓で開く

井上尚弥は「無敗のまま引退出来るか?」米メディア見解 「モハメド・アリは結果として敗北」
ボクシングの米専門メディア「Boxing News24/7」(WEB版)が2022年7月26日に世界バンタム級3団体王者・井上尚弥(大橋、29)の特集記事を公開。「モンスターは無敗で引退出来るか?」などのタイトルで記事を展開し独自の見解を示した。...
別窓で開く

新たな異名が誕生? 南米メディアが“敵なし”で勝ち続ける井上尚弥を大絶賛「イノウエは貪欲な鬼だ!」
全ての階級の中でも特筆すべき強さを持つ男に対する賛辞は鳴りやむ気配がない。WBAスーパー&WBC&IBF統一世界バンタム級王者の井上尚弥(大橋)だ。 去る6月7日に行なわれた宿敵ノニト・ドネア(フィリピン)との3団体統一戦は、その名をあらためて世界に轟かせるものとなった。...
別窓で開く



<前へ123456次へ>