本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



今季の欧州日本人選手MVPを識者が選出。中村俊輔以来のインパクトを残した選手も
日本人欧州組の今季を総括(後編)前編を読む>>最もインパクトを残したのは鎌田大地中山淳 今季の欧州では50名を超える日本人選手がプレー。しかし、欧州最高峰のチャンピオンズリーグ(CL)に出場したのはリバプールの南野拓実のみで、その南野もラウンド16以降は出番がない。そう考えると、欧州日本人の現状は、...
別窓で開く

今季、欧州で最も活躍した日本人選手は誰だ。MVPは満票で鎌田大地に
日本人欧州組の今季を総括(前編) 欧州サッカーの2021−22シーズンが、スペイン2部などを除きほぼ終了した。欧州でプレーする日本人は今季、さらに増えた。UEFAリーグランキングの上位15カ国の1部リーグに限定しても、その数は50人を越える。そのなかで誰が活躍したと言えるのか。単純に得点数や出場時間...
別窓で開く

冨安健洋のバックアッパーになれるか? 代表初招集の伊藤洋輝に宮澤ミシェルが注目
サッカー解説者・宮澤ミシェル氏の連載コラム『フットボールグルマン』第253回。現役時代、Jリーグ創設期にジェフ市原(現在のジェフ千葉)でプレー、日本代表に招集されるなど日本サッカーの発展をつぶさに見てきた生き証人がこれまで経験したことや、現地で取材してきたインパクト大のエピソードを踏まえ、独自視点で...
別窓で開く

「もう英雄やん」岡崎慎司が遠藤航を大絶賛! 4年ぶりの再会で明かした本音に、ドイツの“デュエル王”も「めっちゃ嬉しい」
 欧州を舞台に戦い続ける男たちが熱く語り合った。 スペイン2部カルタヘナ所属のFW岡崎慎司が、コンテンツメディア「SYNCHRONAUS(シンクロナス)」で配信する『Dialogue w /〜世界への挑戦状』で、同メディアの『月刊・遠藤航』と特別コラボを実施。ドイツ1部シュツットガルトでキャプテンマ...
別窓で開く

「足下は世界トップクラス」独有力紙が鎌田大地を欧州制覇の原動力として称賛! ドイツでの不遇の時代にも再脚光「順調ではなかったが実力を証明した」
ヨーロッパリーグ2021‐22決勝は、フランクフルトがPK戦の末にスコットランドのレンジャーズを下し優勝を飾った。 クラブ42年ぶり、ドイツ勢としても25大会ぶりの同タイトル獲得は、前線で躍動した日本人プレーヤーの活躍なしに実現はあり得なかったはずだ。 グループリーグから12試合にフル出場し、攻撃の...
別窓で開く

鎌田大地がレジェンドの仲間入り!ブンデス公式サイト選出「フランクフルト歴代ベスト11」に輝く
 ドイツ国内での評価はまさにうなぎ上りだ。日本代表の鎌田大地がまたひとつ新たな栄誉に浴している。 ブンデスリーガ公式サイト(英語版)は22日、フランクフルトの歴代ベストイレブンを発表。...
別窓で開く

「最高のカマダはもっとはるかに良い」鎌田大地のEL決勝のプレーに英国人記者が見解!「だがプレミアクラブの評価は変わらない。なぜなら…」【現地発】
 4月末、ロンドンスタジアムで行われたヨーロッパリーグ(EL)準決勝のウェストハム戦(第1レグ)で、フランクフルトの鎌田大地が洗練されたパフォーマンスを披露するのを目の当たりにした。 その鎌田も先発したEL決勝で、フランクフルトはPK戦の末にスコットランドのレンジャーズを下し、戴冠を果した。チャンピ...
別窓で開く

クラブ史上初のEL制覇に貢献…フランクフルトの鎌田大地「人生で最高の時でした」
フランクフルトに所属する日本代表MF鎌田大地が、21日に自身のツイッターを更新。ヨーロッパリーグ(EL)制覇という最高のフィナーレを迎えた今シーズンを振り返った。 鎌田は今シーズン、ブンデスリーガで32試合に出場して4ゴール3アシストを記録。1年間をとおして、最終的に11位でフィニッシュしたチームを...
別窓で開く

森保一監督に「過去を否定する余裕」は見られない。招集された代表メンバーの焦点は?
 6月に行なわれる日本代表の4試合(6月2日・パラグアイ、6日・ブラジル、10日・ガーナ、14日・チュニジアもしくはチリ)のメンバーが発表された。...
別窓で開く

「選ばないほうが良かった」城彰二が日本代表28人選出に持論!「サプライズ」は伊藤洋輝の初招集ではなく…
 元日本代表FWの城彰二氏が5月20日、自身のYouTubeチャンネル『JOチャンネル』で、同日に発表された日本代表のメンバーについて語った。    森保ジャパンは2日にパラグアイ、6日にブラジル、10日にガーナ、14日にはチリまたはチュニジアと国内で対戦。この6月シリ...
別窓で開く


[ フランクフルト ] の関連キーワード

サプライズ ミシェル ドイツ