本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ウインブルドンに続き、エストニアの大会もロシア&ベラルーシ選手を除外!「我々は明確なメッセージを送る」<SMASH>
今年2月に始まったロシアのウクライナ侵攻はスポーツ界にも大きな影響を与えている。無論テニス界も例外ではなく、今月初旬に行なわれた「ウインブルドン」ではロシア・ベラルーシ人選手の出場を禁止する強硬措置が講じられたばかりだ。 そしてこのほどウインブルドンに続き、ロシアの隣に位置するエストニアの大会でも両...
別窓で開く

体格差のある外国人選手とどう戦うか? 杉田祐一のカウンターテニスから学んだ川橋勇太【プロが憧れたプロ|第23回】<SMASH>
現在、プロとして活躍している選手も、現役を引退してコーチをしている人も、小さい頃には憧れのプロがいたはずだ。【プロが憧れたプロ】シリーズの第23回は、JTAランキング28位の川橋勇太選手(マイシン)だ。   ◆   ◆   ◆ 川橋はプロ3年目の24歳。大成高校から筑波大学に進み、4年生在学時にIT...
別窓で開く

ツアー最高峰の舞台で選手の練習相手を務める日本人留学生。人と人との縁が紡いだ数奇な体験<SMASH>
カリフォルニア州で開催中のテニスツアー「BNPパリバ・オープン」会場に、練習する選手たちのヒッティングパートナーを務める、若い日本人の姿があった。 三重県出身の19歳。石川瑛大さんは、大会会場近くの大学に通う、日本からの留学生だ。...
別窓で開く

望月慎太郎が17歳でツアー本戦出場を果たした舞台裏。常に上のレベルの大会出場を狙え【山中夏雄コーチ】<SMASH>
錦織圭のアメリカ留学をサポートした盛田正明テニスファンド(MMTF)のコーチとして、アメリカのIMGアカデミーに常駐し、日本のジュニアたちの成長を支えている山中夏雄氏。このコラムでは日本のトッププロたちが、いかにして成長してきたのか、日米テニス界の違いなどを教えてもらう。...
別窓で開く

ピアジェが新作スパイ・アクション映画「355」とのウォッチ&ジュエリーパートナーシップを発表
ピアジェは、これまで50年以上に渡りエンターテインメント業界との関係を築いてきました。映画スターやセレブティの間で圧倒的な存在感を放つウォッチ&ジュエリーメゾンとして名声を確立したピアジェは長年に渡りインディペンデント・スピリット賞のパートナーを務め、クリエイティブな才能にあふれる人材をサポートする...
別窓で開く

【プロの観戦眼16】新世代の旗手、アルカラスのスーパーフォアハンドと揺るがない自信を見よ〜沼尻啓介<SMASH>
このシリーズでは、多くのテニスの試合を見ているプロや解説者に、試合を見る時の着眼点を教えてもらう。第16回は、同期の西岡良仁選手のツアーコーチとしてインディアンウェルズに帯同した沼尻啓介プロ。現地で見た中で、2022年に注目するべき選手を聞くと、18歳のアルカラスだという。...
別窓で開く

「プロへの道筋とは?」西岡良仁が自身主催のジュニア大会でセミナー開講!「みんなの年齢でフューチャーズにチャレンジして欲しい」<SMASH>
「プロになる道筋には、何があるのか? どのような現実があって、僕らが何を見ているのかお知らせしたい」 集った8名のジュニア選手を目の前に、西岡良仁は、真摯な口調で語りはじめた。 西岡が自ら企画し開催する「Yoshi’s Cup」は、国内トップの16歳以下の選手が一堂に会し、雌雄を決するジ...
別窓で開く

かつて自分が目指したあの場所を目に焼き付けて…26歳の沼尻啓介がコーチ専念を決意した理由<SMASH>
去る10月、カリフォルニア州で開催されたBNPパリバオープン(マスターズ・インディアンウェルズ)で戦う西岡良仁のベンチに、思いがけない顔があった。 首から掛けるクレデンシャルには、「Coach」の肩書が記されている。その彼に向けて西岡は、ポイントを取るたびにガッツポーズを振り上げ、大接戦で初戦を制し...
別窓で開く

【全日本テニス選手権】ベスト8進出の21歳、白石光が「年齢のせいにして逃げない」と覚悟を決めた新たな戦い<SMASH>
第1セットを失った後の、第2セット。 ポイント間にタオルを取りに行くたび、「っしゃ!」「何やってんだ!」と声を出し自分を鼓舞し続けた。 どちらかといえば、打ち合いの中で活路を見いだすのを得意とするストローカーが、サーブ&ボレーやネットプレーで攻め立てる。 第2セットを6−0で奪うと、ファイナルセット...
別窓で開く

18歳の望月慎太郎が、初のグランドスラム予選で得たもの。ジュニアとの違いは「選手のプレーの質が落ちない」こと<SMASH>
1−6、6−2、6−4のスコアが、望月慎太郎というプレーヤーの個性と哲学を、そのまま映し出すようだった。 主催者推薦を得て出場した、ウインブルドン予選の1回戦。対戦相手は、昨年の全仏オープンでスタン・ワウリンカを破り4回戦に進むなど、センセーショナルな活躍を見せた160位のヒューゴ・ガストン(フラン...
別窓で開く


<前へ12次へ>