本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



老後をイキイキと暮らすために!「50歳からの趣味」の見つけ方
そろそろ定年が気になる50代。老後のことをアレコレ考え始める時期です。「老後は楽しく、充実したものにするぞ!」と言いながら、今までは子どものことや仕事で忙しく、自分自身のことを優先して考えてこれなかったからか、コレというものが思い浮かばず「私って、無趣味かも?」と自覚するケースもあるのではないでしょ...
別窓で開く

1959年12月生まれ男性。62歳から年金の繰り上げ受給していますが、特別支給の老齢厚生年金も繰り上げ支給されているのでしょうか?
老後のお金や生活費が足りるのか不安ですよね。老後生活の収入の柱になるのが「老齢年金」ですが、年金制度にまつわることは、難しい用語が多くて、ますます不安になってしまう人もいるのではないでしょうか。そんな年金初心者の方の疑問に専門家が回答します。今回は、65歳からの年金を繰り上げ受給していた場合の「特別...
別窓で開く

メガバンクにはない!ゆうちょ銀行だけのメリット4つ
さまざまな場所で見かける「ゆうちょ銀行」。口座を持っている人も、持っていない人も、ちょっと気になる存在なのでは? 今回はメガバンク(都市銀行)にはない、ゆうちょ銀行だけのメリット4つについて、お伝えします。 ■メリット1:窓口が15時まででなく、16時まで開いているときには店舗の窓口を利用したいこと...
別窓で開く

専業主婦で、自営業の夫に先立たれたら、生活はどうしたらいいですか?遺族年金はもらえるの?
老後のお金や生活費が足りるのか不安ですよね。老後生活の収入の柱になるのが「老齢年金」ですが、年金制度にまつわることは、難しい用語が多くて、ますます不安になってしまう人もいるのではないでしょうか。今回は、自営業の夫に先立たれた専業主婦の生活はどうしたらよいのか、遺族年金はもらえるのか、専門家が回答しま...
別窓で開く

60代前半は会社員として働こうと思います。年金を減らされない収入はいくら?
難しい年金制度に対する疑問に専門家がお答えします。今回は、60代前半も会社員として働いた場合、年金を減らされない収入について、回答します。 ■Q:60代前半も会社員の場合、年金をカットされないための収入は?「65歳になるまでは、会社員として、無理のない範囲で働こうと思います。...
別窓で開く

在職老齢年金制度の計算は、夫婦の年金やパート収入を合算するの?
老後のお金や生活費が足りるのか不安ですよね。老後生活の収入の柱になるのが「老齢年金」ですが、年金制度にまつわることは、難しい用語が多くて、ますます不安になってしまう人もいるのではないでしょうか。そんな年金初心者の方の疑問に、専門家が回答します。今回は、在職老齢年金制度は、夫婦の年金やパート収入を合算...
別窓で開く

いらないものを「捨てる」と金運がアップする?
■お金が貯まらない人の家には「モノがあふれている」家のなかを見渡すと、さまざまな「モノがあふれている」という人も少なくありません。すべて必要なモノであれば問題ないのですが、使わないモノがあふれている場合は少し問題。そのままにしておくと、お金が貯まりにくい「氣」を溜めてしまうことになりますので注意が必...
別窓で開く

62歳で定年後、再雇用で働きながら44年特例の老齢基礎年金部分も受け取ることができるのでしょうか?
老後のお金や生活費が足りるか不安ですよね。老後生活の収入の柱になるのが「老齢年金」ですが、年金制度については難しい用語が多くて、不安になる人もいるのではないでしょうか。そんな年金初心者の方の疑問に専門家が回答します。今回は、62歳で定年後、再雇用で働くと44年特例を受けられるかについてです。...
別窓で開く

年金から引かれるお金があるんでしょうか?
老後のお金や生活費が足りるのか不安ですよね。老後生活の収入の柱になるのが「老齢年金」ですが、年金制度にまつわることは、難しい用語が多くて、ますます不安になってしまう人もいるのではないでしょうか。そんな年金初心者の方の疑問に専門家が回答します。今回は、年金から引かれるお金についてです。...
別窓で開く

金運が悪くなる人がやりがちな「NG行為」5つ
「金運は自分ではどうにもならない」と考えている人もいますが、考え方や行動次第で金運を改善することができます。今回は「金運が悪くなる人」がやりがちなNG行動を紹介します。■1. 挨拶をしない挨拶は人間関係を築くためには欠かせないことのひとつ。最近、子どもではなくいわゆる「いい大人」といわれる40代、5...
別窓で開く