本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



直前でハリル前監督を更迭も…イングランド代表OB、混迷から脱出したモロッコ代表に「ロマンだ」
現役時代はウエストハムやチェルシー、イングランド代表としても活躍したジョー・コール氏が、FIFAワールドカップカタール2022で快進撃を続けるモロッコ代表を絶賛した。6日、イギリス紙『デイリー・メール』が伝えている。 モロッコ代表は今年8月、かねてから主力選手との確執など、選手選考面での風当たりが強...
別窓で開く

「2022年TV番組出演ランキング」発表 オードリー春日俊彰が三冠
【モデルプレス=2022/12/07】エム・データは7日、「2022年TV番組出演ランキング」を発表。お笑いコンビ・オードリーの春日俊彰が、総合トップ、マルチ出演トップ、お笑い部門での三冠に輝いた。◆オードリー春日俊彰が三冠ランキングは、2022年1月1日から2022年11月30日に、東京地区地上波...
別窓で開く

不動産業界関係者にも一般の人にも年の瀬を感じさせる、もはや風物詩となったイベント「クソ物件オブザイヤー」。ツイッター上で活動する不動産業者の団体、全国宅地建物取引ツイッタラー協会(全宅ツイ)が主催し、今年で9回目を数える。 その年の不動産業界を騒がせた物件、ニュース、プロジェクトなどをもとにツイッタ...
別窓で開く

敗退後も「ゴミ拾い」をした日本サポーターにスペイン全国紙は最敬礼!「21世紀のサッカーファンとしてあるべき姿を示した」
日本代表は現地時間12月5日、カタール・ワールドカップ(W杯)、決勝トーナメント1回戦でクロアチア代表と対戦し、PK戦の末に敗れ目標としていたベスト8進出はならなかった。 日本にとって4度目となる16強での戦いだったが、またも大きな壁に跳ね返された。43分に前田大然のゴールで先制するも、55分に同点...
別窓で開く

本大会を4度経験のDF長友佑都、日本サッカーの課題を強調「特に攻撃面でやることが多い」
日本代表DF長友佑都(FC東京)が6日、FIFAワールドカップカタール2022を終えた心境を語った。 今大会で『まだ見ぬ景色2022』を標榜した日本代表は、ドイツ代表とスペイン代表を抑えてグループE首位通過し、前回大会ファイナリストのクロアチア代表にもあと一歩に迫った。4度目のベスト16敗退から一夜...
別窓で開く

『第55回ミス日本コンテスト』ファイナリスト13名、健康的な美を高めるビューティーエクササイズに参加
『第55回ミス日本コンテスト2023』の開催告知&ファイナリスト紹介記者発表会が5日、都内で開催。2023年1月23日に行われる本選大会に臨むファイナリスト13名は、勉強会の一環として「ビューティエクササイズ」」の講座を受けており、その模様がマスコミに公開された。 ミス日本コンテストでは、最終選考に...
別窓で開く

クロアチア戦で示した自己犠牲と限界。日本が明らかに不足していたのは…【W杯】
 自己犠牲とカウンター。カタール・ワールドカップでの日本代表の強みを言葉で表すなら、こうなるだろうか。前線の選手もチームのために泥臭い仕事を厭わず、三笘や伊東を起点とした速攻でゴールを狙う。勤勉と言われる日本人の特徴を活かしたスタイルであり、これぞJFAが掲げる「ジャパンズウェイ」なのではないかと勝...
別窓で開く

「ありがとう!」森保ジャパンの変わらぬ“心遣い”にFIFA公式は「初志貫徹」と賛辞を贈る!【W杯】
立つ鳥跡を濁さず——。初志貫徹を貫き、侍は灼熱の地を去る。【画像】「悔しさと礼儀作法は別」クロアチア戦後の”ピカピカ”ロッカールームをチェック カタール・ワールドカップ(W杯)の決勝トーナメント1回戦で日本代表はクロアチア代表と対戦。前回のロシア大会でファイナリストとなった強...
別窓で開く

日本代表のPK3本をストップ…ダリッチ監督、ヒーローになった“守護神”を称賛「彼を信頼していた」
クロアチア代表を率いるズラトコ・ダリッチ監督が、5日に行われたFIFAワールドカップカタール2022・決勝トーナメント1回戦日本戦を振り返った。同日、イギリスメディア『BBC』が伝えている。 前回大会ファイナリストのクロアチア代表は、グループFをモロッコ代表に次ぐ2位で通過し、決勝トーナメント1回戦...
別窓で開く

マヂラブ、『M-1』ファイナリスト9組に期待「誰が優勝しても革命ですよね。新時代ですよ」
12月1日(木)深夜、お笑いコンビ・マヂカルラブリーの野田クリスタルと村上がパーソナリティを務めるラジオ番組「マヂカルラブリーのオールナイトニッポン0(ZERO)」(ニッポン放送・毎週木曜27時〜)が放送。漫才日本一を決める『M-1グランプリ2022』の決勝進出9組が発表されたことを受けて、2人が率...
別窓で開く