本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ASKAがスタッフに勧める「効かないどころか危険」なコロナ予防薬 、警告する医師には法的措置を検討か
ASKA《1月7日から今日まで、レギュラースタッフ50人強、誰ひとり感染はなくツアーファイナルを迎えようとしています。その間、メンバーは他の仕事もしてる。あり得ない。この事実をビッグデータに加えてください。「全員イベルメクチンを飲んでいた」》 3月26日、自身のツイッターにこのような投稿をしていたの...
別窓で開く

余ったアベノマスクは役に立つのか、「THE TIME,」が伝えた処理
「コロナで入院、死亡のリスクが9割近く低下する効果が確認されました」と、司会の安住紳一郎がファイザーが開発中の飲み薬はについて伝えた。「THE TIME,」はきょうも新型コロナウイルスの話題が続いた。ファイザー社の治療薬「パクスロビド」は、治験の最終結果によると、発症3日以内に投与した患者グループの...
別窓で開く

<今週のワイドショー> オミクロン株めぐるバトル 警戒しすぎ?楽観禁物?
今週(2021年12月)になって、コロナ変異株「オミクロン株」の症状は軽くてすみそうだとの見方が広がり、パンデミック「終焉説」も出始めた。米ファイザー社は8日、ワクチン3回接種でオミクロン株にも同等の予防効果があると発表した。だが、まだ研究データは少なく、専門家は油断を戒めている。...
別窓で開く

安住アナ「私は1、2回目モデルナ」 3回目どうする?で気になるデータ
「接種のルールが変わるかもしれません」と切り出す司会の安住紳一郎。16日(2021年11月)の「THE TIME,」は新型コロナワクチン接種の今後の見通しと、それに対する街の声を取り上げた。■「5歳から11歳」へのワクチンどうする厚労省専門部会ではワクチン接種の対象年齢に5歳から11歳の子どもも加え...
別窓で開く

コロナワクチン製造支える日本の技術 TBS安住アナが思い出したドラマとの関係
昨日11日(2021年10月)の東京の新型コロナ新規感染確認者数は今年最低の49人となった。50人を下回るのは去年6月25日以来約1年4カ月ぶりで、小池百合子都知事は「これだけ抑えらえてきたのもワクチン接種、それぞれが感染防止に当たってくださった成果だと思う。陽性率も下がってきたので、引き続きご協力...
別窓で開く


<前へ1次へ>