本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



予防接種済みのロシア選手が全豪オープン出場不可に。ロシア製ワクチンが認められず無念の欠場<SMASH>
新型コロナウイルスの感染拡大防止を目的として、出場する選手に2度のワクチン接種を義務付けている来年1月開催の全豪オープン。ところが女子テニス世界ランク194位のナタリア・ビクトリアンセワ(ロシア)はワクチン接種を完了したにもかかわらず、2022年大会の欠場を余儀なくされることとなった。...
別窓で開く

テニス界の大御所ナダルが“ワクチン未接種プレーヤー”に向けて「多くの人が身近な人を失う状況を考えるとちょっと身勝手だ」と苦言<SMASH>
テニス四大大会通算20勝を誇る元王者ラファエル・ナダル(スペイン/現世界6位)が、母国のスポーツメディア『Marca Sports Weekend』のインタビューに応じ、新型コロナウイルスのワクチンを接種していない選手へ苦言を呈した。 テニス界にも大きな影響を及ぼした新型コロナウイルスの世界的な感染...
別窓で開く

「ファンはテニスにおいて大きな意味を持つ」元世界3位のチリッチがコロナ禍での転戦の苦悩を語る<SMASH>
男子テニスツアー「クレムリン・カップ」(10月18日〜25日/ロシア:モスクワ/室内ハードコート/ATP250)に第6シードで出場するマリン・チリッチ(クロアチア/世界ランク41位)が大会開幕前のインタビューに応じ、コロナ禍でのツアー転戦における苦悩を語った。...
別窓で開く

「この10か月間で16日しか家にいなかった」シュワルツマンが南米選手のコロナ禍での精神的苦悩を吐露<SMASH>
現在開催中の男子テニスツアー「BNPパリバ・オープン」(10月7日〜17日/アメリカ:インディアンウェルズ/ハードコート/ATP1000)で4回戦へ駒を進めた世界ランク15位のディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)が、コロナ禍でのツアー転戦における苦悩を明かした。...
別窓で開く

ワクチン否定派だったチチパスが一転して年内の接種を決意「今はそれ以外に可能性はない」<SMASH>
男子テニス世界ランク3位のステファノス・チチパス(ギリシャ)が、年内に新型コロナウイルスのワクチンを接種する意向を表明した。 ファイザーやモデルナといったワクチンの普及が進んでいるものの、依然として副反応や安全性を懸念し、接種に踏み切れない選手も多数存在する。...
別窓で開く

昨年の全米準優勝者アザレンカが選手のワクチン義務化を提唱「ファンが受けて選手が受けないのは異様」<SMASH>
テニスの四大大会「全米オープン」(8月30日〜9月12日/アメリカ・ニューヨーク/ハードコート/グランドスラム)に第18シードで出場しているビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ/世界ランク19位)が、1回戦終了後の記者会見で、新型コロナウイルス感染拡大防止を目的とした選手へのワクチン接種義務化を提唱し...
別窓で開く

「新型コロナを感染させないように」フェデラーがワクチン接種を公表。母国のクレー大会に向けて「体力的には問題ない」<SMASH>
男子テニス世界ランク8位のロジャー・フェデラー(スイス)が母国のテレビチャンネル「Lémanbleu」のインタビューに応じ、新型コロナウイルスのワクチンを接種したことを明かした。 ATP(男子プロテニス協会)はWTA(女子テニス協会)と共にワクチン接種を推奨しており、4月には選手にワク...
別窓で開く


<前へ1次へ>