本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



コロナ関連の破たん2491件に 2021年は前年から倍増 東京商工リサーチ
 東京商工リサーチは17日、コロナ禍の影響で経営破たんした国内事業者数が、累計で2,491件(負債1,000万円以上)に達したと発表。2021年のコロナ破たんは17日時点で1,648件に達し、843件だった2020年の約2倍に。オミクロン型の脅威はまだ未知数ながら、水際対策の延長が検討されるなど、一...
別窓で開く

コロナ関連の破たん2264件に 新しい再生手続きの指針策定も 東京商工リサーチ
 東京商工リサーチは5日、コロナ禍の影響で経営破たんした国内事業者数が1週間で46件増え、累計で2,264件(負債1,000万円以上)に達したと発表。9月、10月と過去最高を更新している中、11月はさらに高いペース。国内の新規感染者数は減り、米国等で飲み薬の開発が進むなど、正常化は進む。...
別窓で開く

コロナ関連の破たん1464件に 4カ月連続で100件超に 東京商工リサーチ
 東京商工リサーチは28日、コロナ禍の影響で経営破たんした国内事業者数が、1週間で48件増え累計で1,464件(負債1,000万円以上)に達したと発表。5月はすでに113件が確認され、4カ月連続で100件超となった。緊急事態宣言の延長もあり「コロナ疲れ」が広がる一方、ワクチン接種の拡大で正常化への期...
別窓で開く

コロナ関連の破たん1,009件に 最多ペース維持しながら4桁突破 東京商工リサーチ
 東京商工リサーチは12日、コロナ禍が主因で経営破たんした国内事業者数が、前週から31件増え累計で1,009件(負債1,000万円以上)に達したと発表。東京や大阪などの都市圏における飲食関連を中心に発生しており、2月は過去最多ペース。ワクチンの接種開始を控え、緊急事態宣言の前倒し解除が注目されるが、...
別窓で開く


<前へ1次へ>