本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ワクチン3回目接種が進まない「もう一つの理由」…医療従事者すら副反応リスクを懸念
「全然進んでいないじゃないか。もっと加速できないのか」 新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」の感染拡大が続く中、政府が旗を振る「ワクチンの3回目接種」が遅々として進んでいない。首相官邸のホームページによると、「ワクチンの3回接種完了者」は25日時点で接種率2.1%にとどまり、岸田首相は執務室で...
別窓で開く

地方自治体に届かない「3回目」ワクチン供給の詳細スケジュール 〜難しくなる接種会場と打ち手の確保
ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(1月24日放送)にジャーナリストの須田慎一郎が出演。新型コロナワクチンの3回目接種について解説した。ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」オミクロン株、3回目のワクチン接種で入院を防ぐ効果は90%アメリカ疾病対策センター(CDC)は1月...
別窓で開く

ワクチン3回目接種の効果は慌てても「期待薄」…ウイルスの歴史から改めて学ぶこと
オミクロン株の全国感染者が急拡大し、過去最多の1日4万人を超えた。それに伴い、政府は新型コロナウイルスワクチンの65歳以上の3回目接種(ブースター接種)の前倒しを進めている。 厚労省は当初、原則として2回目から8カ月後を接種のめどとしていたが、今回、一般の高齢者は6カ月、64歳以下の現役世代は7...
別窓で開く

オミクロン株は「ワクチン4回接種」でも防げない! イスラエルの研究で判明、3回目どうする
 やっぱりオミクロンには、ワクチンの効果は薄いのか。今や感染者の半数近くがブレークスルー感染だ。沖縄では、3回目の接種を完了した人も感染している。 イスラエルで実施された研究によると、何と4回接種しても感染を予防できないという。抗体は増えるものの、4回接種後も感染した例が報告されている。...
別窓で開く

新型コロナワクチン3回目接種体験談…「副反応」は2回目接種時とどう違う【薬剤師が解説】
■新型コロナウイルスワクチン3回目接種(ブースター)体験記新型コロナウイルスに対抗する切り札の一つであるワクチンの接種。2022年1月現在、日本国民の約8割が2回の接種を終えています。その一方でワクチンの効果は漸減することが分かっており、医療従事者を先行させて3回目の接種、いわゆるブースター接種が開...
別窓で開く

松本人志 オミクロン株拡大に持論「集団免疫つくぐらいの気持ちで大丈夫」「ワクチンの副反応の方が…」
 お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志(58)が16日、フジテレビ「ワイドナショー」(日曜前10・00)に出演。新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン株」の広がりによる感染急拡大について言及した。 全国の新型コロナウイルスの新規感染者数が14日、2万2045人となり、1日の新規感染者数が昨年9月...
別窓で開く

日本のワクチン「3回目」接種は遅い オミクロンに間に合わなくなる
日本でも新型コロナウイルスのオミクロン株による市中感染が広がりつつある。対策の切り札になるとされているのは、3回目のワクチン接種(ブースター)だ。すでに医療従事者などへの接種が始まっているものの、一般の国民に順番が回ってくるのはかなり先になりそうだ。なぜ遅れているのか。...
別窓で開く

南アフリカ共和国から広がった「オミクロン株」が、新型コロナウイルス変異株の勢力地図を塗り替えようとしている。日本国内でも市中感染が報告され始めた。一番の気がかりは、ワクチンの効果の低下や、接種を完了していても防ぎきれない「ブレイクスルー感染」だ。■同じワクチンの「追加接種」に意味はある?現時点での最...
別窓で開く

「これまでの常識が通じない」医師が警戒するオミクロン株の感染力
国内でも感染者が確認されはじめている、新たな変異株。その強い感染力と、既存の変異株では見られなかった広がり方から、「これまでの常識が通用しない」と、医師は警戒を呼び掛けるーー。「オミクロン株は、アフリカ、ヨーロッパを中心に70カ国以上に広がっており、日本国内でも徐々に感染者が見つかっています。...
別窓で開く

オミクロン株「弱毒化」説を検証 終息への“救世主”となる可能性も
 デルタ株が蔓延した第5波、最も痛ましかったのは、自宅療養者の急死が相次いだことだ。オミクロン株が蔓延した場合、はたして入院できるのか。ただし、この変異株、12月13日時点で重症者も死者も報告されておらず、終息への救世主になるとの見方も出ている。 *** 年末に向けて華やぎを増す師走。...
別窓で開く


[ ファイザ イスラエル ] の関連キーワード

イスラエル ファイザ モデルナ