本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「バカげてる。本当に狂っている」名手バッジョが母国イタリアのW杯予選敗退にルール変更を要求!「欧州王者が出られないなんて恥」
 ロベルト・マンチーニ監督率いるイタリア代表が、下馬評を覆してEURO2020で優勝し、高く評価されてから、まだ1年も経っていない。だが、アッズーリ(イタリア代表)は厳しい状況に置かれている。 欧州制覇後も当初は勢いに乗っていたイタリアだが、カタール・ワールドカップ予選途中で失速。...
別窓で開く

トッティは離婚説に怒りの反論、バッジョは穏やかな余生を…イタリア伝説のファンタジスタ2人の好対照ぶりに脚光!
 ローマひと筋のキャリアを貫いてスクデット獲得にも貢献し、イタリア代表では2006年ドイツ・ワールドカップ優勝にアズーリを導くなど、同国史上最高の選手のひとりといわれ、2017年にスパイクを脱いだフランチェスコ・トッティ。引退後は古巣クラブのフロントに入るも、首脳陣との確執で辞任したことが大きな注目...
別窓で開く

「信頼できた監督は一人だけ」稀代の名手バッジョが衝撃告白!名将サッキには痛烈皮肉「選手よりも戦術が重要だと…」
 元イタリア代表のファンタジスタ、ロベルト・バッジョが母国紙『La Repubblica』のインタビューで、現役時代を振り返った。『Football ITALA』などが伝えている。 バッジョといえば、思い出されるのは1994年のアメリカ・ワールドカップだ。アッズーリの10番は、グループステージの不振...
別窓で開く

「プレーの意味を伝えられるから…」“稀代のファンタジスタ”バッジョが指導を受けてみたい現役監督は一体だれ?
 歴史に名を残したレジェンドが、現在のサッカー界でプレーしていたらどうなるか。そんな妄想が尽きることはない。では、そのときに指揮を執るのは誰がふさわしいのだろうか。 元イタリア代表FWのロベルト・バッジョは、米誌『Vanity Fair』のインタビューで、「理想的な指揮官」について問われ、「自分が指...
別窓で開く

「父の消せない記憶」バッジョ、25年前の“伝説のPK失敗”を家族が回想!「でも、普通の人間に戻った…」
 時としてサッカー界では、勝者よりも敗者に人々の目が向く時がある。1994年のアメリカ・ワールドカップにおけるイタリア代表FWロベルト・バッジョもその一人だろう。 93年のバロンドールを受賞するなど華々しい活躍を続け、満を持してアメリカ・ワールドカップに臨んだバッジョ。...
別窓で開く

世界を代表するサッカー選手といえば 1位は「ペレ(ブラジル)」
総計でみると、1位は「ペレ(ブラジル)」で50%と半数超え。2位は「マラドーナ(アルゼンチン)」で38%、3位は「メッシ(アルゼンチン)」で37%とこの3人がトップ3となりました。また、4位に「ベッカム(イングランド)」が、5位に「ジーコ(ブラジル)」が続きました。...
別窓で開く


<前へ1次へ>