本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



第101回高校サッカー選手権の応援リーダーは、中村俊輔!「壁を乗り越えようとしているときが一番成長する」とメッセージ
 第101回全国高校サッカー選手権大会の応援リーダーが、中村俊輔に決定した。 希代のファンタジスタは、神奈川・桐光学園高校で、2年次に第74回大会で初めて全国大会に出場すると、第75回大会では背番号10を付け、決勝で市立船橋(千葉)に敗れたものの、準優勝に輝いた。 卒業後は横浜Mでプロキャリアをスタ...
別窓で開く

中村俊輔、43歳の現在地。指揮官もうなるラストパス。傑出のテクニックはいまだ衰えず
 1月9日、横浜FCは2022シーズンのトップチーム体制および選手背番号を発表。選手一覧の年齢の項目を見ていくと、ひと際目立つ数字がある。「43」 昨季の背番号10から、横浜Mでのプロ1年目やセルティックで背負った25番に変更となった中村俊輔は、6月に44歳を迎える今季も現役としてピッチに立つ。...
別窓で開く

「ライバルだけど、気持ちよかった」中村俊輔が“最も感覚が合った”チームメイトを明かす!「近いのがヤットだけど…」
 横浜FCに所属する元日本代表MFの中村俊輔が、代表で共闘した鈴木啓太氏のYouTubeチャンネルに出演。興味深い質問に回答した。 全5回にわたる配信で、横浜F・マリノス、レッジーナ、セルティック、エスパニョール、横浜F・マリノス、ジュビロ磐田、そして横浜FCと、4か国6クラブを渡り歩いてきたキャリ...
別窓で開く

「自信を失った」中村俊輔がJリーグと海外サッカーの“大きな違い”を英紙に語る「奇妙な気分だった」
 英紙『The Guardian』が、かつてスコットランドの名門セルティックで活躍した中村俊輔(現・横浜FC)のインタビューを掲載した。  2005年夏に、ゴードン・ストラカン監督に乞われてセリエAのレッジーナからセルティックに加入したレフティは、自慢のテクニックを存分に披露し、4シーズン...
別窓で開く

「この日は忘れない」中村俊輔の伝説のFK弾は永久に不滅!? CL公式SNSの再脚光に地元ファンも熱狂「マンUは今も…」
 日本が生んだ稀代のファンタジスタの左足から生まれた衝撃弾は、今なお伝説として燦然と輝き続けている。 現地時間11月21日、チャンピオンズ・リーグ(CL)の公式ツイッターが、この欧州最高峰の舞台で生まれたスーパーゴールとして、14年前の同日に生まれた中村俊輔のFK弾を紹介した。...
別窓で開く

「322億円の価値」「二桁を超えるクラブが…」中村俊輔の後を追う? 熾烈な久保建英獲得レースにセルティックも参戦!
 日進月歩で成長を続ける久保建英。残留争いを強いられているマジョルカにあって明らかな違いを生み出しているニュースターは、いまや欧州ビッグクラブの垂涎の的だ。 現在マジョルカとは今シーズン終了までのレンタル契約を締結している久保。...
別窓で開く

「天才。まさにそんな選手だ」セルティック時代の恩師ストラカンが中村俊輔の“凄み”を地元紙で回想!
 今から14年前、日本人レフティーが残した鮮烈なインパクトは、当時を知る指揮官にとって忘れがたい記憶となっているようだ。 英紙『The Scottish Sun』は、「あなたが考えるセルティックのベストイレブン」という特集企画を掲載。そのなかで2005年から約4年間にわたって指揮を執ったゴードン・ス...
別窓で開く

語り継がれる伝説——スコットランド代表の“10番”が中村俊輔への憧れを語る「ボールボーイだった僕は…」
 日本が生んだ稀代のファンタジスタの左足から生まれた衝撃の一撃は、ボールボーイだった少年の人生を変えた。 今から14年前、当時スコットランドの超名門セルティックに所属していた中村俊輔は、チャンピオンズ・リーグ(CL)のグループステージで対戦したマンチェスター・ユナイテッドとの2試合で、2本のFK弾を...
別窓で開く


<前へ1次へ>