本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



辻村深月の本屋大賞受賞作 最高純度のファンタジーミステリー『かがみの孤城』劇場アニメ化
直木賞作家・辻村深月による2018年本屋大賞受賞、累計発行部数125万部突破のベストセラー小説『かがみの孤城』が劇場アニメ化され、今冬公開されることが決まった。 原作は、本屋大賞15年間の歴史の中で歴代最多得票数を獲得し1位となったほか、「王様のブランチブック大賞2017」や「ダ・ヴィンチBOOK ...
別窓で開く

『漁港の肉子ちゃん』韓国の映画祭で特別賞 審査員長・渡辺歩監督「いいのでしょうか?」
明石家さんまが企画・プロデュースを手掛けた劇場アニメ『漁港の肉子ちゃん』が、韓国・富川(プチョン)で開催中の第23回富川アニメーション国際映画祭にて特別賞を受賞。渡辺歩監督から喜びのコメントが到着した。 本作は、直木賞作家・西加奈子による同名ベストセラー小説を原作に、明石家さんまが企画・プロデュース...
別窓で開く

「らしさの呪い」を断ち切る勇気を、あなたにくれる本。
 「私たちはきっと、どこへだって行ける。息苦しい今を軽やかに越えゆく一歩を描いた、希望の物語」——。 しなやかな強さとたしかな希望をあわせ持つ作品で、幅広い世代から注目されている彩瀬まるさん。 彩瀬さんの最新作『川のほとりで羽化するぼくら』(株式会社KADOKAWA)は、私たちに降りかかる「らしさの...
別窓で開く

【「本屋大賞2021」候補作紹介】『八月の銀の雪』——自然科学との出会いから生まれる人間模様。読者の心を温かくする全5篇
 BOOKSTANDがお届けする「本屋大賞2021」ノミネート全10作の紹介。今回取り上げるのは、伊与原新(いよはら・しん)著『八月の銀の雪』です。****** 著者の伊予原さんは、神戸大学理学部を卒業後、東京大学大学院理学系研究科で地球惑星科学の博士課程を修了。...
別窓で開く

【「本屋大賞2021」候補作紹介】『自転しながら公転する』——結婚、仕事、親の介護。悩みながらも進む主人公に共感!
 BOOKSTANDがお届けする「本屋大賞2021」ノミネート全10作の紹介。今回取り上げるのは、山本文緒(やまもと・ふみお)著『自転しながら公転する』です。****** 直木賞作家として、これまで多数の作品を発表してきた山本さんの7年ぶりの新刊が『自転しながら公転する』です。 主人公の与野 都(よ...
別窓で開く

ニコニ・コモンズ「素材ライブラリー」&ニコ動「いいね!」機能改修情報、新進気鋭の配信者が登場する新コーナーetc… 『週刊ニコニコインフォ 第27号』レポート
 今のニコニコを伝える、今後のニコニコについてみんなで考える番組『週刊ニコニコインフォ』。 27回目の放送では、司会に百花繚乱氏、運営から栗田穣崇氏、そして新企画「月刊生主ハンター」のゲストには3名の配信者の夜華☆氏、Natsume_Cat氏、PIRO氏が登場。 「月刊生主ハンター」では、各配信者が...
別窓で開く

伊藤沙莉「タヌキ側に属する私にしかできない」 オファー殺到の理由は?
あどけない表情に、個性的なハスキーボイス。彼女には、自然体で、媚びない愛らしさがある。公開を控える作品を含め、今年は8本もの映画に出演。もっとも勢いのある若手女優のひとりにお話を聞きました。子役から始めて、芸歴17年。長いキャリアの中で、これまでに伊藤沙莉さんが演じてきた役は、誰もが憧れるような美人...
別窓で開く


<前へ1次へ>