本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



上橋菜穂子が誘う、新たな異世界の物語。とてつもない想像力に圧倒される。
 「香りで万象を知る<香君(こうくん)>という女性がいた。」 『精霊の守り人』『獣の奏者』『鹿の王』などで知られ、2014年に国際アンデルセン賞作家賞を受賞した上橋菜穂子さん。本書『香君』上・下巻(文藝春秋)は、新たな世界を描いた物語としては『鹿の王』以来、7年ぶりとなる新作長編。 本作は、上・下巻...
別窓で開く

GW恒例のクラシック音楽イベント「丸の内ミュージックフェス」が今年も開催!
5月3日(火・祝)から5日(木・祝)まで東京国際フォーラムホールCで「丸の内ミュージックフェス メインコンサート」が開催される。期間中は国内で活躍する演奏家によるクラシックコンサートが開催。同期間中には無料コンサートも開催されており、気軽に音楽に触れることができる。本イベントは3日間で計6公演が予定...
別窓で開く

『鹿の王』から7年。上橋菜穂子が紡ぐ新たな物語『香君』、いよいよ発売!
 上橋菜穂子さんの新作長編『香君』(文藝春秋)が、3月24日に発売された。上橋さんが新たな世界を描いた物語としては、7年ぶりとなる。 『精霊の守り人』をはじめとする「守り人」シリーズ、『獣の奏者』、『鹿の王』などで知られる上橋菜穂子さん。『香君』は、長編としては3年ぶり、新たな世界を描いた物語として...
別窓で開く

『鹿の王』監督の安藤雅司が制作中に抱えた葛藤「初めての経験だった」【後編】
2015年に本屋大賞を受賞した上橋菜穂子さんのベストセラーを映像化した新作アニメ映画『鹿の王 ユナと約束の旅』が2月より全国公開中だ。架空の時代を舞台にしたファンタジーであると同時に、2つの国の戦乱を背景にした政治劇であり、蔓延する謎の病との戦いを描いた医療ミステリーでもある本作。...
別窓で開く

「ジブリっぽいと言われるのは気にしない」53歳の監督デビュー・安藤雅司の挑戦【前編】
2015年に本屋大賞を受賞した上橋菜穂子さんのベストセラーを映像化した新作アニメ映画『鹿の王 ユナと約束の旅』が2月より全国公開中だ。本作の監督を務めたのはスタジオジブリ出身で、宮崎駿監督の『もののけ姫』『千と千尋の神隠し』、今敏監督の『パプリカ』や新海誠監督の『君の名は。』など、国内外で高く評価さ...
別窓で開く

ファンタジー巨編『鹿の王』ジブリ出身の異才がベストセラー原作で監督デビュー! 堤真一&竹内涼真はアニメ声優初挑戦
『鹿の王 ユナと約束の旅』(c)2021「鹿の王」製作委員会■待ちに待った『鹿の王』ついに公開当初2020年9月予定だった『鹿の王 ユナと約束の旅』の公開がついに実現した。実に1年半も待ったことになるが、なるほど観てみるとコロナ禍の世相にピタリと重なる部分もあるので、タイミングが難しかったことがうか...
別窓で開く


<前へ1次へ>