本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



南果歩 「愛してやまない」憧れの監督との対面に「こんな日が来ようとは」と感激 サインは「果歩の家宝」
 女優の南果歩(58)が16日、自身のインスタグラムを更新。「愛してやまない」映画監督との対面をハイテンションに報告した。 「レオスカラックス監督!!!!!!なんと!!愛してやまない世界で一番大好きな監督にお会いすることが出来ました」と憧れの映画監督との対面を報告。...
別窓で開く

「フランスの神童」の現在は…還暦超えのレオス・カラックスが完成させた“独創的なミュージカル映画”
 レオス・カラックスの名前は、特に80年代末から90年代のミニシアター・ブームを経験した世代には特別な響きを持つに違いない。23歳で撮った初長編の『ボーイ・ミーツ・ガール』、『汚れた血』、フランス映画史上最大の予算と言われた『ポンヌフの恋人』が次々と日本に配給され、当時「フランスの神童」の名をほしい...
別窓で開く

スカート澤部渡が深堀りインタビュー!『スパークス・ブラザーズ』 エドガー・ライト監督初の音楽ドキュメンタリー
『スパークス・ブラザーズ』© 2021 FOCUS FEATURES LLC. ALL RIGHTS RESERVED/(写真右)スカート・澤部渡■スパークス×スカート澤部渡ロンとラッセルのメイル兄弟が1970年に結成した米LAのロック/ポップ・デュオ、スパークス。...
別窓で開く

“巨匠”レオス・カラックス監督が来日 東京の印象は「エレガントと猥雑の同居」
映画『汚れた血』『ホーリー・モーターズ』などを手掛けたレオス・カラックス監督が最新作『アネット』のプロモーションのために来日。1日に都内で行われた初日舞台あいさつに登壇し、メインキャストを務めたアダム・ドライバーの起用理由などを語った。イベントには古舘寛治もサプライズ登壇を果たした。 本作は、カラッ...
別窓で開く

「息すらも止めて ご覧ください」——カラックスが仕掛ける驚異の映像体験『アネット』予告
第74回カンヌ国際映画祭で監督賞を受賞したレオス・カラックス監督最新作『アネット』より、予告映像が解禁された。 35年間で発表した長編作品は6本と寡作ながら、その卓越した演出力と圧倒的な美的センスによって、世界的な注目を集め続けるレオス・カラックス。...
別窓で開く

カラックス監督の映像美に魅了される 『アネット』シーン写真解禁
第74回カンヌ国際映画祭で監督賞を受賞したレオス・カラックス監督最新作『アネット』より、シーン写真9点が解禁された。 本作は、近年目覚ましい活躍を見せるアダム・ドライバーと実力派女優マリオン・コティヤールを主演に迎え、カラックス監督が初めて全編英語でミュージカルに挑んだダーク・ファンタジー・ロックオ...
別窓で開く

カラックス×アダム・ドライバー×マリオン・コティヤール『アネット』特報&ポスター解禁
74回カンヌ国際映画祭でオープニングを飾り、監督賞を受賞したレオス・カラックス監督最新作『アネット』の公開日が、2022年4月1日に決定。併せて特報とポスタービジュアルが解禁された。 本作は、近年目覚ましい活躍を見せるアダム・ドライバーと実力派女優マリオン・コティヤールを主演に迎え、カラックス監督が...
別窓で開く


<前へ1次へ>