本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「マジで凄い」藤森慎吾、バキバキ腹筋を見せた筋トレ“ビフォーアフター”SHOTに反響「シックスパックになってる」
「マジで凄い」藤森慎吾、バキバキ腹筋を見せた筋トレ“ビフォーアフター”SHOTに反響「シックスパックになってる」 7月1日、オリエンタルラジオ・藤森慎吾がInstagramを更新した。...
別窓で開く

4年前の「ひょっこりはん」が最後…一発屋芸人が現れなくなった3つの理由
■一発屋芸人が現れなくなった理由 ここ数年のお笑い界は、近年にない盛り上がりを見せていて、どんどん新しい芸人が出てきている。「M-1グランプリ」で活躍したマヂカルラブリー、錦鯉、オズワルド、見取り図、おいでやすこが、ニューヨーク、モグライダー、ランジャタイなどを筆頭に、続々と新しいスターが輩出してい...
別窓で開く

今一番面白いと思うコンビ芸人ランキング! 2位は千鳥、3位はダウンタウン。1位は、仙台出身M-1チャンピオンで、超売れっ子になっても単独ライブで新ネタを下ろすあのコンビ!
 ボケる側とツッコミを入れる側の絶妙な掛け合いが魅力のコンビ芸人。近年では、お互いにボケ合う“ダブルボケ”や、ボケに対して突っ込まず全肯定する“ノリツッコまない漫才”なども登場、面白さのバリエーションがさらに豊かになっています。  NTTレゾナントが運営するランキングサイト「goo...
別窓で開く

千鳥が東京進出で経験した受難の日々 なぜ人気に火が付くまで時間がかかったのか
 いまやお笑い界の「天下取りレース」の最前線にいるのが千鳥の2人である。大悟とノブの2人から成る千鳥はもともと大阪を拠点に活動していた。大阪ではレギュラー番組10本以上を抱える人気ぶりだったのだが、2012年にはそれらのほとんどを捨てて、東京に進出してきた。...
別窓で開く

『水ダウ』おぼん・こぼん仲直り企画、放送文化基金賞で最優秀賞に “テレビバラエティの限界に挑む”姿勢に評価「出色の人間ドキュメント」
昨年9月29日と10月6日の2週にわたって放送された、TBS系バラエティー『水曜日のダウンタウン』(毎週水曜 後10:00)内の企画「おぼん・こぼん THE FINAL」が、第48回放送文化基金賞の番組部門・テレビエンターテインメント番組で最優秀賞に輝いた。7日、同基金のホームページで発表された。...
別窓で開く

「トークィーンズ」「上田と女が吠える夜」… 女性トーク番組が増えている理由
 バラエティ番組の数あるジャンルの中でも、トーク番組は根強い人気がある。テレビの歴史が始まった頃から現在に至るまで、さまざまな種類のトーク番組が制作されてきた。 そんな中で、最近注目を集めているのが女性タレントを中心にしたトーク番組である。この4月に始まったフジテレビの「トークィーンズ」と日本テレビ...
別窓で開く

オリラジ藤森、山本舞香との“久々の再会”2SHOT「美人すぎて緊張しました」
オリラジ藤森、山本舞香との“久々の再会”2SHOT「美人すぎて緊張しました」 6月3日、オリエンタルラジオ・藤森慎吾がInstagramを更新した。...
別窓で開く

今ではありえない企画も… 「ダウンタウンファミリー」が生き残っている理由
 5月5日放送の「ダウンタウンDX」では、今田耕司、板尾創路、ほんこん、東野幸治、木村祐一の5人がゲストとして出演していた。「ダウンタウンファミリー」と呼ばれる彼らが久々に一堂に会したことで、大きな話題を呼んでいた。 ダウンタウンファミリーとは、主にダウンタウンが若手時代に出演していた大阪ローカルの...
別窓で開く

藤森慎吾、スタッフお墨付きの“盛れてる”SHOTに絶賛の声「若々しい」「バチェラーみたい」
藤森慎吾、スタッフお墨付きの“盛れてる”SHOTに絶賛の声「若々しい」「バチェラーみたい」 5月26日、オリエンタルラジオ・藤森慎吾がInstagramを更新した。...
別窓で開く

「有吉の壁」で活躍中… 日本一のコント職人「シソンヌ」が再評価される理由
 長谷川忍とじろうの2人からなるお笑いコンビ・シソンヌは、実力派のコント芸人として若手の頃から業界内では高く評価されてきた。特に、じろうが演じるかわいげのある中年女性や社会不適合者っぽい高齢男性のキャラクター造形は絶品だった。 しかし、見た目や芸風がやや地味だったこともあり、伸び悩んでいる時期が長か...
別窓で開く



<前へ123次へ>