本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ウィリアム皇太子、所有する土地にホームレス用住宅を建設 9月から開発開始の予定
ウィリアム皇太子がホームレスの人々を支援するため、父チャールズ国王から引き継いだコーンウォール公領の土地内に住宅を建設すると発表した。今回のプロジェクトはコーンウォール地方のホームレス支援団体とのパートナーシップによるもので、9月から土地開発を開始し、来年秋には完成予定だという。...
別窓で開く

(プレスリリース)京都発! ShuJu不動産が若者の自立支援プロジェクトを開始:不動産ベンチャーが「若者の貧困」問題に挑む
若者の街だからこそ、シェアハウスやルームシェアを通じたソーシャルビジネスを!<br /><br /> 2015年から任意団体「サクラ荘」として、シェアハウスを8軒運営してきたShuJu不動産(京都市左京区)は、社会福祉団体や児童養護施設と協力しながら、保証人のいない若者や居場...
別窓で開く

ウィリアム皇太子、再び『ビッグイシュー』を販売 前回手伝ったホームレス男性と一緒に
ウィリアム皇太子(41)が、英ロンドンのスーパーマーケットの店頭で雑誌『ビッグイシュー』を販売し、訪れた買い物客らを驚かせた。この日、皇太子は昨年一緒に同誌を販売したホームレスの男性と再びタッグを組んだ。ウィリアム皇太子は買い物客からの写真撮影に応じるなど、とてもフレンドリーな様子だったという。...
別窓で開く

チャールズ国王、75歳誕生日は超多忙な一日に  公式SNSでは人生を振り返る秘蔵動画を公開
チャールズ国王が、75歳の誕生日に超多忙な一日を過ごした。当日の国王は、食料を再分配する試み「コロネーション・フード・プロジェクト」をローンチし、英オックスフォードシャー州にある食料配給拠点を視察した。さらに夕刻は、バッキンガム宮殿で看護師達や助産師達を招待したレセプションパーティを主催。夜には家族...
別窓で開く

チャールズ国王、75歳誕生日を記念するポートレートが『ビッグイシュー』の表紙を飾る
チャールズ国王が75歳の誕生日を迎えることに先立ち、最新のポートレートが公開された。モノクロームの写真は伝説の英フォトグラファー、ランキン氏が撮影したもので、ホームレスを支援する雑誌『ビッグイシュー(Big Issue)』最新号の表紙を飾った。同誌では、国王が展開する食料を再分配する試み「コロネーシ...
別窓で開く

夜しか開店しないパン屋さん
ちょっと変わったパン屋さんの話題です。JR田町駅近くの路地裏で夕方からオープンする、その名も「夜のパン屋さん」。こちら、「パンを焼かないパン屋」ということなんです。いったいどういうことなんでしょうか?夕暮れのオフィス街、その一角でライトに照らされた一台のワゴン。こちら、夕方以降にしか営業しない「夜の...
別窓で開く

路上での直接購入も可能。KEENとBIG ISSUEがコラボしたトート&サコッシュとは
「環境保全」のほか、「貧困」や「人や国の不平等」の解消なども課題に含まれるSDGsに早くから取り組んできたフットウエアブランドのKEEN(キーン)。そんなKEENと、生活に困窮する人々をサポートする雑誌「BIG ISSUE(ビッグイシュー)」とのコラボレーションによるチャリティバッグ2種がリリースさ...
別窓で開く

ラーメン官僚が激賞! 超行列店『Ramen Afro Beats』(新宿)の鶏白湯ラーメンは超弩級のウマさ
食楽web 早いもので、2023年も季節はもう春。日差しもすっかり暖かくなり、シャツ1枚で快適に過ごせる日も増えてきました。都内のラーメンシーンに目を転じると、2022年から引き続き未曽有の新店ラッシュが継続。2023年に入ってからも、前回のコラムでご紹介した『桜上水船越』をはじめ、数多くの優良店が...
別窓で開く

「大丈夫。私たち、ちゃんとやっていける!」枝元なほみさんから50代の女たちへ
 人生後半を迎えて生き方に悩むアラフィフ女性に、先輩たちからアドバイスをもらう「50歳の迷える女たちへ」シリーズ。伊藤比呂美さん、坂東眞理子さんに続く今回は、料理研究家として活躍する傍ら、フードロスや農業、貧困などの社会問題にも取り組む枝元なほみさんだ。 コロナ禍では、生活に困窮した人たちが売れ残っ...
別窓で開く

アラサー女性がイラっとした外資系男子の“ある特徴”
■マッチングアプリで出会った「外資系男子」の話●お相手の男性職業:外資系年齢:35歳ルックス:及川光博 似の男性約束した待ち合わせの場所に高そうなスーツを着て現れた彼。見るからに仕事ができそうな感じでしたが、話していたらちょくちょく気になることが……。...
別窓で開く


<前へ1次へ>