本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「現代の女性が60年代の女性を救おうとしたら?」エドガー・ライトが描きたかった、ロンドンの“闇の底”
『ラストナイト・イン・ソーホー』は、『ショーン・オブ・ザ・デッド』(04年)『ベイビー・ドライバー』(17年)などのエドガー・ライト監督にとって初めてのホラー映画。同時にミュージカルであり、一種のタイムトラベル物であり、青春映画でもある。■60年代のロンドンに憧れる少女 オープニング・タイトルに流れ...
別窓で開く

『キン肉マン』『ドラゴンボール』など数々のジャンプ作品の音楽を手がけてきた作曲家・田中公平「日本のアニメならハリウッド映画にも勝てると思っています」
『キン肉マン』『ドラゴンボール』『ジョジョの奇妙な冒険』『ONE PIECE』など、『週刊少年ジャンプ』発のアニメ作品にも数多く携わり、日本のアニメ音楽界を牽引してきた田中公平さんが40年の音楽家活動を経て気づいた、言語の異なる国や地域でもアニメソングが愛される理由とは?■『キン肉マン』が最初のジャ...
別窓で開く

ピエール瀧、映画で俳優復帰へ。早すぎるという批判に真っ向から反論「映画や音楽は見たい人が金を払うもの、どんどんやればいい」【話者:久田将義・吉田豪】
 2019年3月にコカインを使用したとして麻薬取締法違反で逮捕され、懲役1年6月、執行猶予3年の判決を受けた電気グルーヴのピエール瀧氏が、2021年に公開予定の映画『ゾッキ』の撮影に参加し、俳優復帰することが分かった。逮捕されてから1年足らずでの復帰について、「早すぎるのでは」と批判の声も多く見られ...
別窓で開く


<前へ1次へ>