本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



アメリカとイギリスでの「リベラル」の正しい意味とは?
アメリカの中間選挙が行われ、当初の予想に反して接戦となっていて、まだ大勢が判明していない。アメリカの場合、共和党が保守で、民主党がリベラルと言われているが、日本人にはその区別がつきづらいかもしれない。そこで評論家の八幡和郎氏にイギリスとアメリカを例に「リベラル」について解説してもらいました。...
別窓で開く

「3つに分かれるアメリカ」の今後 〜米 中間選挙 11月8日に投開票
ジャーナリストの須田慎一郎が11月7日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。現地時間11月8日に投開票される米中間選挙について解説した。3日、米ホワイトハウスで演説するバイデン大統領(ロイター=共同)=2021年8月3日 写真提供:共同通信社アメリカ中間選挙、11月8日に投開票...
別窓で開く

「米国社会について真実を言っていたのはトランプのほうだった」エマニュエル・トッド見抜いた「トランプ支持者の合理性」
「中国が脅威になることはない」知の巨人エマニュエル・トッドが語った「世界の正しい見方」 から続く「ふつうの有権者の視点から見て、米国社会について真実を言っていたのはトランプのほうだったのだ」——2016年のアメリカ合衆国大統領選挙で、なぜアメリカ人の多くがトランプを支持したのか? 知の巨人エマニ...
別窓で開く

共和党は、白人中心の党だ。トランプが16年の大統領選挙で得た票のうち、88%までが白人票で占められている。ヒスパニック系は6%、アジア系が含まれるその他は4%で、黒人票は1%にも届かない。2018年時点で、アメリカの全人口に占める白人の割合は60.5%で黒人は12.5%であるのと比べると、トランプ支...
別窓で開く

3歳娘の眉毛を除毛する母親 「将来いじめられないため」に世間がバッシング
近年、子供の濃い体毛を気にした親が子連れで脱毛サロンを訪れるケースが増えているという。年齢制限が定められておらず、早ければ小学校低学年の子供もいるそうだ。TikTokでは今、ある母親が3歳の娘に除毛する様子が注目を集め、世間からバッシングを浴びている。イギリスの『Mirror』が報じた。...
別窓で開く

「統一教会と自民党」問題の本質は民主主義のハッキング
『週刊プレイボーイ』で「挑発的ニッポン革命計画」を連載中の国際ジャーナリスト、モーリー・ロバートソンが、「統一教会と自民党」問題の本質について語る。* * *旧統一教会と自民党の関係をめぐる報道が、安倍晋三元首相銃撃事件から1ヵ月たっても活発に行なわれています。...
別窓で開く

再びの「トランプ政権」や「新トランプ的な政権」誕生の可能性ある“アメリカの事情”
日本経済新聞コメンテーターの秋田浩之が8月19日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。8月16日に行われた連邦下院選の共和党候補を決める予備選で大敗した共和党のリズ・チェイニー下院議員について解説した。...
別窓で開く

優勝候補のネッツに不穏な空気…ワクチン“未接種疑惑”のアービングはホームゲームを欠場?<DUNKSHOOT>
NBAはいよいよメディアデーが始まり、10月19日の新シーズン開幕に向けてカウントダウンが始まった。 そんななか、今季の優勝候補にも挙げられているブルックリン・ネッツに開幕前から暗雲が立ち込めている。チームの看板選手の1人で、オールスターポイントガードのカイリー・アービングがホームゲームに出場できな...
別窓で開く

BLMの平和的なデモを暴力化させた「アンティファ」の歴史
2020年の5月に、黒人男性が警官によって死亡させられた事件が引き金となり、全米各地で起きた抗議行動は、“BLM(Black Lives Matter)”として報道されました。その流れのなかで当時のトランプ大統領が、テロ組織に指定する意向を示した「アンティファ」とは何か? 異色の郵便学者・内藤陽介氏...
別窓で開く

BLMの平和的なデモを暴力化させた「アンティファ」の歴史
2020年の5月に、黒人男性が警官によって死亡させられた事件が引き金となり、全米各地で起きた抗議行動は、“BLM(Black Lives Matter)”として報道されました。その流れのなかで当時のトランプ大統領が、テロ組織に指定する意向を示した「アンティファ」とは何か? 異色の郵便学者・内藤陽介氏...
別窓で開く


<前へ12次へ>