本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



名門シンクタンク、ブルッキングス研究所に上がった火の手 現職所長の不正ロビー活動が明るみに出た、どろどろの背景
渦中の所長はヒラリーの副大統領候補 中道・リベラル系のシンクタンクとして長い伝統と実績を誇ってきたブルッキングス研究所(創設1916年)が大揺れに揺れている。 現職所長のジョン・アレン退役海兵隊大将(68)が秘密裡に中東のカタールのロビー活動を行っていたとして米司法省当局が捜査しているとの情報が流れ...
別窓で開く

【本棚を探索】第21回『実力も運のうち 能力主義は正義か?』マイケル・サンデル著/濱口 桂一郎
■功績重視に疑問呈す 2019年度の東大入学式の祝辞で、上野千鶴子は2つのことを語った。前半では「大学に入る時点ですでに隠れた性差別が始まっています。社会に出れば、もっとあからさまな性差別が横行しています」と、将来待ち受けるであろう女性差別への闘いを呼びかけ、後半では「がんばったら報われるとあなたが...
別窓で開く

若い女性たちを食い物に…金と権力をもつ男たちが築き上げた社会構造の“実態”に迫る
「#MeToo」運動は、今から約4年半前、2017年10月に起きた。きっかけは、「ニューヨーク・タイムズ」紙と「ニューヨーカー」誌が、わずか数日違いで、ハリウッドの大物プロデューサー、ハーヴェイ・ワインスタインの長年に及ぶセクハラや性暴力を暴露する記事を掲載したこと。...
別窓で開く

「2036年に大統領選に出る」バイデンも才能を認めた女性“アマンダ・ゴーマン”とは何者か?
 2021年1月、バイデン大統領就任式で朗誦された一篇の詩。アメリカの分断を癒し、ともに立ち上がろうというメッセージをうたいあげ、全世界に感動を与えたわずか22歳の桂冠詩人こそが、アマンダ・ゴーマンでした。素晴らしいパフォーマンスとインパクト絶大なその姿もあいまって、一夜にして世界の時の人になったゴ...
別窓で開く

「自分は大丈夫」は大間違い、あなたもフェイクニュースに騙される フェイクニュースの研究(1)
 フェイクニュースを見聞きした人の4人に3人以上が騙される。そして、どちらかといえば年齢が高い人の方が騙されやすい。米国大統領選挙、新型コロナウイルス、ウクライナ侵攻——あらゆる場面で蔓延しているフェイクニュース問題を、山口真一 国際大学グローバル・コミュニケーション・センター准教授がエビデンスをも...
別窓で開く

「フィリピンのトランプ」「独裁者の息子」が率いるフィリピンは売りか買いか 2016年の米大統領選挙の再来にも見えたマルコス新大統領の勝利
(山中 俊之:著述家/芸術文化観光専門職大学教授)「どんな政策を実行するのかわからず不安だ」「マルコス・ファミリーの利権が復活するかもしれない」 フィリピン人の友人がつぶやいた。フィリピンで新しく大統領に選出されたフェルナンド・マルコス氏。1986年まで独裁政治を行っていたマルコス氏の長男である。...
別窓で開く

ドイツのメルケル元首相がスゴい理由は? コロナ禍でも注目された女性政治家に見る“次世代リーダー像”のあり方とは
 海外各国の女性リーダーが注目される一方で、日本では未だに女性総理大臣が誕生していない。それどころか、女性管理職の割合もなかなか増えていないのが現状である。では、日本にも女性リーダーが誕生すれば、万事解決なのであろうか。それとも……。...
別窓で開く

ウクライナ侵攻の引き金に!? アメリカ民主党の外交政策
ロシアのウクライナ侵攻が始まって、もうすぐ3か月になろうとしている。フィンランドやスウェーデンもNATO(北大西洋条約機構)に加盟する見通しとなり、西側諸国とロシアとの対立が鮮明になってきた。ロシアとNATOの緩衝国であることが当たり前だったウクライナが、なぜNATO加盟を望んだのだろうか? 国際弁...
別窓で開く

「#MeToo」に火をつけたスクープの、複雑すぎる裏側。
 アメリカにおける「#MeToo運動」は、この本から始まった、という触れ込みに引かれ、本書『キャッチ・アンド・キル』(文藝春秋)を手に取った。映画業界のセックス・スキャンダルがテーマで、著者は2018年ピューリッツァー賞を受賞した。しかし、単純なスクープものではなかった。いくつもの重層的な構造が隠れ...
別窓で開く

ヒラリー・スワンクが『Speed Girl』に主演
ヒラリー・スワンクが『Speed Girl』に主演することになった。パイロットからレースカーのドライバーに転向したジャネット・ガスリーの伝記映画で、ジェイソン・ケラー(『フォードVSフェラーリ』)とブライアン・ジョンソンが脚本を執筆する。ガスリーは、1976年、男社会だったカーレースの世界に大胆にも...
別窓で開く



<前へ123456次へ>