本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



世界で急増するADAS関連特許…韓国企業の出願数多く 国籍別では日本が最大
韓国特許庁によると、韓国、米国、日本、中国、欧州で先進運転者支援システム(ADAS)関連特許の出願が急増していることが分かった。ADAS関連特許は13年の2,000件余りから年平均約20%ずつ増加し、19年には6,000余件に達している。...
別窓で開く

シェア奪還を狙う日本の自動車メーカー、その「切り札」とは=中国
 電気自動車(EV)で出遅れ感が否めない日本の自動車メーカーだが、新しい電池によって形勢をひっくり返せる可能性もあると言える。その鍵は日本で開発が進められている「全固体電池」だ。中国メディアの騰訊はこのほど、日本の自動車メーカーは全固体電池で他国に奪われたシェアを奪い返すつもりだと紹介する記事を掲載...
別窓で開く

<W解説>韓国HYUNDAI(現代)自動車が日本市場へ再進出を検討=財閥創業者らの共通点
韓国の自動車メーカー、現代(HYUNDAI、ヒュンダイ、ヒョンデ)自動車が、来年、日本市場に再進出することを検討していると報じられている。朝鮮日報などの韓国メディアは、日本経済新聞グループの日経BPが発行している「日経ビジネス」のインタビューに応じた現代自動車のチャン・ジェフン(張在勲)社長の発言を...
別窓で開く

インド人はどんな車に乗っている? ムンバイの道路で撮影してみた!=中国
 インドでは、経済成長と共に自動車市場も拡大している。直近ではコロナ禍のため減速気味であるものの、この先はさらに市場が拡大していくと予想されている。 中国ではドイツ車と日系車が大きなシェアを獲得しているが、インドではどのような車がよく売れているのだろうか。...
別窓で開く

中国を「敢えて捨てた」日本企業が、インドで圧倒的トップとは!=中国
 近年、経済成長が著しいインドでは、自動車市場も急速に拡大している。市場の「将来性」や「潜在力」という点では中国もインドも魅力的だが、インドの自動車市場は中国とはずいぶん様相が異なる。中国では車体が大きく、見た目も高級感のある車が人気を集めていて、外資ブランドで最大のシェアを獲得しているがドイツであ...
別窓で開く

「いつかはミライ」の時代が来た!トヨタの心意気で夢のクルマが身近に
世界初の量産型FCEV(Fuel Cell Electric Vehicle=燃料電池車)であるトヨタ「ミライ(MIRAI)」が、2代目へと進化した。開発責任者によると、今回のモデルチェンジの狙いは「FCEVだから、ではなく、クルマそのものの魅力で選んでもらえる存在になること」。...
別窓で開く

アップル、日本企業とも「アップルカー」交渉中=韓国報道
IT大手のアップルが自律走行電気自動車「アップルカー」を生産するために、韓国のヒュンダイ(現代)・KIA自動車だけでなく、日本メーカーとも交渉を進めているという日本メディアの報道が出た。日本経済新聞は4日の報道で、アップルが日本企業を含む複数の自動車メーカーにアップルカーの生産を打診したとしたサプラ...
別窓で開く

世界に胸張って「どうだ!」といいたい!!2020年の日本車は大豊作☆岡崎五朗の眼
2020年も間もなく終わり。改めて2020年の日本車事情を振り返ると、コロナ禍で各社の経営状況は芳しくなかったものの、プロダクト自体はいずれも力作ぞろい。輸入車に負けない魅力と実力を備えた注目モデルが多数登場しました。そこで今回は、モータージャーナリストの岡崎五朗さんが2020年に登場した日本車の中...
別窓で開く

米国在住の中国人が紹介、「米国人は中国人以上に日本車が好き」
 中国の自動車市場では日本車の人気が高く、市場全体の2割以上のシェアを占めている。では、中国以外の国ではどうなのだろうか。中国の動画サイト・西瓜視頻で、米国に住む中国人が「米国人がどれだけ日本車が好きか」を紹介している。 この投稿者は、米国のあるスーパーの駐車場を撮影し、紹介している。...
別窓で開く

エコでも見た目は重要です!水素で走るメルセデス「GLC」は走りも売り方も新しい
残念ながら東京オリンピックは延期されてしまったが、実は同大会は、自動運転や新しいエネルギー源といった次世代モビリティの姿を日本から世界へ発信する舞台としても計画されている。そんなタイミングに上陸したのが、メルセデス・ベンツのFCV(燃料電池車)「GLC F-CELL」だ。...
別窓で開く


<前へ12次へ>