本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



地球誕生から何十億年もの間、この星はあまりにも過酷だった。激しく波立つ海、火山の噴火、大気の絶えまない変化。生命はあらゆる困難に直面しながら絶滅と進化を繰り返した。ホモ・サピエンスの拡散に至るまで生命はしぶとく生き続けてきた。「地球の誕生」から「サピエンスの絶滅、生命の絶滅」まで全歴史を一冊に凝縮し...
別窓で開く

現代自動車が米国市場で累積販売1500万台を達成した。 1986年に蔚山工場で生産した「エクセル」を米国に初めて輸出して以来、36年ぶりの記録となる。21日(現地時間)、現代自動車米国販売法人(HMA)は最近ニューヨーク州ウィリアムズビルにあるディーラーショップ「ウエスト・ハー・ヒュンダイ(West...
別窓で開く

80代従業員が万引き犯に突き飛ばされ死亡 正義感の強さが悲惨な結果に
アメリカ・ノースカロライナ州のショッピングセンターで、万引きをしたとみられる男に声をかけた従業員が突き飛ばされ、命を落とした。正義感ゆえの悲しい事件であったことを、『WNCN-TV』『WRAL NEWS』など地元メディアが報じている。...
別窓で開く

【コラム】韓国チャン、ダダこねないの。アメリカさん、困っているわよ
 電気不足は秋になったら大丈夫なのか。各国ばらつきがあるのか。電気自動車は、世界中の流行りだ。ガソリン車よりエコだからというのが最大の理由だが、その電気を作るためには、エコじゃないことや危険なことをしなくてはならない。悩ましい。 2022年8月、アメリカでは「インフレ抑制法」が可決された。...
別窓で開く

韓国K2戦車の大量調達をポーランド政府が熱烈要望 米M1「エイブラムス」だけじゃ足りない!
韓国を訪問中のポーランド国防大臣が公式声明において、韓国が独自開発したK2戦車の調達を要求しました。なぜ、そのような「ラブコール」を出すに至ったのか、そしてなぜK2戦車なのか見てみます。...
別窓で開く

渦中のチェルシー、CL・リール戦の遠征メンバーを発表…主将が復帰
チェルシーは15日、16日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦(ラウンド16)セカンドレグのリール戦に臨む招集メンバーを発表した。 ファーストレグを2−0で先勝しているチェルシー。セカンドレグのメンバーにはファーストレグで得点を挙げたドイツ代表MFカイ・ハフェルツやアメリカ代...
別窓で開く

激震のチェルシー、選手のアウェー遠征にも影響と英報道。フライトは格安航空、高級ホテル宿泊も不可能に?
 プレミアリーグのチェルシーは、ロシアのウクライナに対する軍事侵攻の影響を多大に受け続けている。ロシアのウラジーミル・プーチン大統領に近しいとされるロシア人オーナー、ロマン・アブラモビッチ氏が資産凍結および渡航禁止措置を続き、クラブの理事としての資格も失われ、現在はクラブの売却に向けた動きも停止して...
別窓で開く

ヒュンダイ自動車 米ロボット企業ボストン・ダイナミクスを買収完了
動物型の4足歩行ロボット「ビッグドッグ」が超有名!ソフトバンクグループも株式保有は継続 韓国大手自動車メーカーである現代(ヒュンダイ)自動車は2021年6月21日(月)、アメリカのロボット企業ボストン・ダイナミクスの買収を完了したと発表しました。...
別窓で開く

バドワイザーがスーパーボウルのテレビCM見送りを発表 浮いた広告予算は新型コロナウイルスのワクチン啓蒙活動へ
2月7日にタンパベイ・バッカニアーズとカンザスシティ・チーフスの対戦が予定されている第55回スーパーボウル。例年ならスーパーボウルの合間に放送されるテレビCMも話題になるものです。...
別窓で開く

2021年は、日本再上陸の年「ヒュンダイ水素電気自動車を買ってちょうだい」
 2021年1月、韓国のヒュンダイ(現代自動車)が、水素電気自動車「ネッソ(NEXO)」を全面的に押して、10年ぶりに日本市場に再上陸する…残念ながら、日本の水素インフラは、万全ではない。 日本人はいいものはどこの国の製品でも受け入れるが、韓国の日本製品不買運動に代表される反日政策については、正直あ...
別窓で開く


<前へ1次へ>