本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ノルウェー次期主力戦車「レオパルト2A7」に決定 韓国K2とのトライアル結果
現在運用中の「レオパルト2A4」はどうするのでしょう。引き渡し開始は2026年の予定 ノルウェー国防省は2023年2月3日、陸軍の次期主力戦車(MBT)にドイツ製「レオパルト2A7」を採用したと発表しました。 調達数は54両、さらにオプションで18両を追加調達する可能性があり、引き渡しは2026年か...
別窓で開く

「100メートルの峡谷」に転落したカップル…“iPhone 14”と“現代自動車”のおかげで助かった=韓国報道
運転中に100メートル下の峡谷に落ちたカップルが、現代自動車ヒュンダイ・エラントラとiPhone 14のおかげで命拾いしたとの事例が公開された。27日(現地時間)、ワシントン・ポスト(WP)によると、クロエ・フィールズさん−クリスティアン・ゼラダさんカップルは今月中旬、現代車の小型乗用車エラントラN...
別窓で開く

地球誕生から何十億年もの間、この星はあまりにも過酷だった。激しく波立つ海、火山の噴火、大気の絶えまない変化。生命はあらゆる困難に直面しながら絶滅と進化を繰り返した。ホモ・サピエンスの拡散に至るまで生命はしぶとく生き続けてきた。「地球の誕生」から「サピエンスの絶滅、生命の絶滅」まで全歴史を一冊に凝縮し...
別窓で開く

現代自動車が米国市場で累積販売1500万台を達成した。 1986年に蔚山工場で生産した「エクセル」を米国に初めて輸出して以来、36年ぶりの記録となる。21日(現地時間)、現代自動車米国販売法人(HMA)は最近ニューヨーク州ウィリアムズビルにあるディーラーショップ「ウエスト・ハー・ヒュンダイ(West...
別窓で開く

12月5日、韓国で現代自動車(ヒョンデ)の最新電気自動車「アイオニック5」が事故を起こし、運転手の男性が亡くなった。建物の外壁に衝突した直後に車両が燃え上がり、火は2時間も消えなかったという。これはリチウムイオンバッテリーの熱暴走という、電気自動車に特有の事故だ。ガソリン車であれば、助かる命だったの...
別窓で開く

80代従業員が万引き犯に突き飛ばされ死亡 正義感の強さが悲惨な結果に
アメリカ・ノースカロライナ州のショッピングセンターで、万引きをしたとみられる男に声をかけた従業員が突き飛ばされ、命を落とした。正義感ゆえの悲しい事件であったことを、『WNCN-TV』『WRAL NEWS』など地元メディアが報じている。...
別窓で開く

ネガティブな話題ばかりの東京五輪ですが… インド女子の人生は変わった!【南しずかの米ツアー情報局】
渋野日向子、古江彩佳らが増えてますます盛り上がっている米国女子ツアー。日本勢の動向にも非常に注目だが、なかなか試合以外や海外勢の面白ろ話まで伝えるのはなかなか難しい部分も…。そこでツアーを長年取材している南しずか氏が“気になるネタ"をピックアップ。...
別窓で開く

「労働者の死亡は容認できない」…雇用労働部がSPCグループを強力に企画監督=韓国
韓国の労働当局は、系列会社の製パン工場で労働者が死亡した事故が起こったSPCグループを対象に強力な産業安全保健企画監督を施行する。雇用労働部は23日、労働災害死亡事故を予防し、より安全な産業現場を作るために特段の措置を施行するとこのように明らかにした。...
別窓で開く

もう出荷!? 韓国からポーランドへ輸出の戦車&自走砲 契約からたった3か月でなぜ可能?
2022年夏に韓国兵器を爆買いし話題となったポーランド。その最初の引き渡し分が早くも韓国メーカーから出荷されました。K2戦車とK9自走砲はなぜそんなに早く用意できたのか、そこには国を挙げての対応がありました。契約締結からわずか3か月でのスピード出荷 2022年10月19日、韓国からポーランドへ向けて...
別窓で開く

【コラム】韓国チャン、ダダこねないの。アメリカさん、困っているわよ
 電気不足は秋になったら大丈夫なのか。各国ばらつきがあるのか。電気自動車は、世界中の流行りだ。ガソリン車よりエコだからというのが最大の理由だが、その電気を作るためには、エコじゃないことや危険なことをしなくてはならない。悩ましい。 2022年8月、アメリカでは「インフレ抑制法」が可決された。...
別窓で開く


[ ヒュンダイ ] の関連キーワード

iphone ポーランド アメリカ ノルウェ チャン
インド

<前へ123456次へ>