本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



唯一の勝ち上がり組がQシリーズで日本勢最上位 識西諭里が生かした2次予選の経験
<LPGA Qシリーズ(前半) 初日◇1日◇RTJマグノリア・グローブGC(米アラバマ州)>蒸し暑く多くの選手が半袖で過ごした前日が嘘のように冷え込んだ米ツアー最終予選会「Qシリーズ」の初日に、日本勢最上位につけたのは1アンダー・32位タイ発進の識西諭里。3人のうち唯一、1次予選から勝ち上がってきた...
別窓で開く

「すべてが自分のものになった気がした」 高又順の2002年LPGAチャンピオンシップリコーカップ【名勝負ものがたり】
2022年11月。女子ツアー最終戦LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ会場のハイビスカスGC(宮崎県)に入った高又順(韓国)は、心に余裕を持っていた。当時38歳。現在のように20代前半の選手ばかりが活躍していたわけではない当時のツアーでは、一番脂の乗った時期と言われる年代だ。...
別窓で開く

「モコモコ〜」三浦桃香が防寒対策をした“ミニスカ姿”を披露!「可愛すぎる」とファン歓喜
女子ゴルファーの三浦桃香が、自身のインスタグラム(@momokamiura_official)で、 キュートな“冬コーデ姿”を紹介。ファンの間で「モコモコ〜」「可愛すぎる」と注目を集めている。...
別窓で開く

古江彩佳が13アンダーで単独首位。2打差で笹生優花が猛追し、今季2勝の2人がデッドヒート【大王製紙エリエール】
愛媛県・エリエールゴルフクラブ松山で行なわれているJLPGAツアー『大王製紙エリエールレディスオープン』。第3ラウンドが終了し、古江彩佳が13アンダーで単独首位。2打差の11アンダーで笹生優花が追いかけており、最終日のデッドヒートに期待が高まる。...
別窓で開く

驚異のパーオン率を誇る“狭間の世代”の稲見萌寧。全英帰国後の“落とし穴“を乗り越えて歓喜の2勝目
台風の影響によるコースコンディション不良のため2日目が中止となり、36ホールの短期決戦となった国内女子ツアーの『スタンレーレディスゴルフトーナメント』。最終日は7人が首位に並ぶ大混戦からスタートすると、通算5アンダーでホールアウトした稲見萌寧、淺井咲希、ペソンウの3人によるプレーオフに持ち込まれた。...
別窓で開く


<前へ1次へ>