本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。


もしかして


NYダウ、一時800ドル超安=積極的な金融引き締め警戒
 【ニューヨーク時事】25日午前のニューヨーク株式相場は、米連邦準備制度理事会(FRB)による積極的な金融引き締めへの警戒感から急反落している。午前10時18分現在、優良株で構成するダウ工業株30種平均は前日終値比575.41ドル安の3万3789.09ドル。下げ幅は一時800ドルを超えた。...
別窓で開く

米国経済への危機感...エコノミストが警戒するFRB予想以上の「タカ派姿勢」、「恐怖指数」の行方
米国株式市場の下落が止まらない。ニューヨークダウ平均価格は、2022年1月17日から6営業日連続で値下げした。オミクロン株の感染大爆発、ウクライナ情勢の悪化という不安材料に加え、なによりインフレを抑制するためにFRB(連邦準備制度理事会)が金融引き締めのペースを速める動きに出ていることが響いている。...
別窓で開く

日経平均株価は米FOMCを控え様子見の展開か。「タカ派」の姿勢が示されれば下値圧力に
− 【日経平均株価】テクニカル分析 −まずは、先週の東京の株式市場を振り返ってみましょう。2022年1月21日の東京株式市場で、日経平均株価の終値は、前日より250円67銭安の2万7522円26銭でした。下げ幅は一時600円を超え、ザラ場中の安値は2万7129円と、2万7000円直前にまで迫りました...
別窓で開く

米国の長期金利上昇は止まるのか? 金融引き締めで注目高まるFOMC(1月24日〜28日)【株と為替 今週のねらい目】
米国の金融政策が注目されている。東京株式市場の日経平均株価は、米国の金融引き締めへの警戒感が高まりから、米国株が大きく下落したことを受けて急落。2022年1月25〜26日の米FOMC(連邦公開市場委員会)を控えて、ボラティリティ(株価変動率)の高い相場が続きそうだ。ドル円相場も、米国株の下落からリス...
別窓で開く

米FRB、引き締めへ「地ならし」本格化=25、26日に金融政策会合
 【ワシントン時事】米国の中央銀行に当たる連邦準備制度理事会(FRB)は25、26両日、金融政策を決める連邦公開市場委員会(FOMC)を開く。インフレ率が約40年ぶりの高水準に跳ね上がる中、FRBは金融引き締めに向けた「地ならし」を本格化するとみられる。 FRBは、国債など資産購入を通じた量的金融緩...
別窓で開く

—[数字で見るプロ野球]—  ビッグボス新庄剛志氏が過去に仕えた監督たちを振り返るシリーズの後編。前編では1996年の藤田平監督までのなかなか勝てない阪神時代までを振り返り、’96年の最後にウインターリーグでトレイ・ヒルマン監督にすでに出合っていた話までを紹介した。野村チルドレンと紹介されることの多...
別窓で開く

「デジタルドル」で初の報告書=発行の是非、意見公募へ—米FRB
 【ワシントン時事】米連邦準備制度理事会(FRB)は20日、中央銀行が発行するデジタル通貨(CBDC)に関する初めての報告書を公表した。ドルのデジタル化は信頼性の高い決済手段を提供できる一方、金融システムの安定や金融政策運営に影響を及ぼす恐れがあると指摘した。...
別窓で開く

最近は、経済統計や中央銀行高官の発言等々の材料に対して、株式市場などの反応がバラバラになっているようだ。つまり、市場が好材料ではないものを好感したり、さしたる材料でもないことに悲観的な反応をしたりしている。またアメリカでは、株価と債券価格の動きがまちまちで、同じ材料に対して相反する市場動向になること...
別窓で開く

離職件数最多が示す、米国経済の実態は
●自発的離職件数が過去最多 2021年11月の米国の自発的離職件数は、過去最多の450万人を記録したとブルームバーグなどが報じている。【こちらも】パウエル議長再任でドル高・株高継続か!? 2021年10月に発表された8月の自発的離職件数も430万人で過去最多を記録したが、この時は新型コロナウイルスの...
別窓で開く


[ パウエル ] の関連キーワード

frb