本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ブルース・ウィリス、失語症と診断後も仕事を続けることを望んでいた 弁護士が主張
ブルース・ウィリス(67)と何度もコラボしたランドール・エメット監督が、健康状態が悪化しているブルースに仕事を押し付けたとの疑惑が浮上した。これに対しブルースの弁護士は、医師によって失語症と診断された後も本人が仕事を続けることを望んでいたと主張している。...
別窓で開く

日本代表のターゲットは善戦ではなく、勝利! RWC2023優勝候補フランスに勝ちにいく!!
どこまで食らい付くかがテーマではない。ターゲットは勝利のみ。日本代表がフランス代表に本気で勝ちにいく。ラグビー欧州6か国対抗戦『シックスネーションズ2022』全勝優勝を果たし、ワールドラグビーランキング2位に付けるフランスはホストとして迎える『ラグビーワールドカップ(RWC)2023』の有力な優勝候...
別窓で開く

観光地、回復はまだら模様=インバウンド戻り鈍く—対面授業再開も影響か・路線価
 国税庁が公表した2022年の路線価では、一部で新型コロナウイルスの影響が緩和し、観光地で上昇に転じる動きも見られた。ただ、インバウンド(訪日外国人旅行者)の戻りは鈍く、下落が続く地域も少なくない。回復はまだら模様で、先行きは不透明だ。 大阪市中央区の心斎橋筋は21年比10.6%のマイナスで、全国5...
別窓で開く

「次の大流行」に備えを=1360億円超の感染症基金設立—世界銀行
 【ワシントン時事】世界銀行は30日、新型コロナウイルス感染拡大の反省を踏まえ、次の世界的な感染症の大流行に備えて基金を設立すると発表した。基金の規模は10億ドル(約1360億円)超で、医療体制が脆弱(ぜいじゃく)な中・低所得国を支援する。 基金設立は、バイデン米大統領が2021年9月に開催した新型...
別窓で開く

市川紗椰も不思議に思ったニューヨークで目に留まる「永久の足場の謎」
『週刊プレイボーイ』で連載中の「ライクの森」。人気モデルの市川紗椰(さや)が、自身の特殊なマニアライフを綴るコラムだ。今回は、ニューヨークの「足場事情」について語る。 * * *前回に続いて、パンデミック以来初めてアメリカに帰国した際に見つけた「あーだこーだ」について書きます。私が前回ニューヨーク市...
別窓で開く

物価高踏まえ企業支援=半沢全銀協会長インタビュー
 全国銀行協会の半沢淳一会長(三菱UFJ銀行頭取)は1日の就任に先立ち、時事通信のインタビューに応じ、「日本経済を成長軌道に乗せていく支え手として責務を果たす」と抱負を述べた。足元で進む物価高については、「資源・エネルギー高が加速したので、それを踏まえてお客さまの支援を考える必要がある」との考えを示...
別窓で開く

習近平国家主席が香港到着...新型コロナ後2年半ぶりに本土外へ=中国
中国の習近平国家主席が香港返還25周年記念式(7月1日)に出席するため、30日に香港を訪問した。中国国営の中国中央テレビ(CCTV)によると、習近平主席は彭麗媛(ほう・れいえん)夫人とともに同日午後、高速列車で香港に到着した。習近平主席は7月1日に開かれる主権返還25周年記念式などに出席する予定だ。...
別窓で開く

多極化に向かう世界での中国共産党の役割に期待=元神奈川県副知事
この7月1日で中国共産党は創立101周年を迎えます。元神奈川県副知事でアジアサイエンスパーク協会名誉会長の久保孝雄氏は、中国共産党が中国の国家建設と世界の多極化に果たしてきた貢献について、前向きに評価しています。...
別窓で開く

余命1か月と言われた保護犬 「世界一醜い犬のコンテスト」で最優秀賞に(米)<動画あり>
昨年8月、アメリカの女性がアニマルシェルターで保護されていた老犬を家族に迎え入れた。複数の健康問題を抱えていた犬は獣医から長くて余命1か月と言われていたが、予想を大きく超えて約10か月が経過した今月、「世界一醜い犬のコンテスト」に出場したところ最優秀賞を獲得した。『TODAY』などが伝えている。...
別窓で開く

2022年上半期「最もハマった韓国ドラマ」TOP10を発表【読者アンケート結果】
【モデルプレス=2022/06/29】モデルプレスでは、「2022年上半期最もハマった韓国ドラマは?」というテーマで読者アンケートを実施。読者が今年上半期に推した韓国ドラマTOP10を発表する。...
別窓で開く