本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



コロナ・パンデミックやロシアによるウクライナ侵攻と、世界はいま、歴史的な「大惨事(カタストロフィ)」に直面している。我々人類が、カタストロフィを予見することは可能なのだろうか? カタストロフィに脆弱な国家とそうでない国家の違いとは何だろうか? 「いま、もっともすぐれた知性」と目される歴史家のニーアル...
別窓で開く

パンデミック以降の私たちの未来の可能性を探る『地球がまわる音を聴く:パンデミック以降のウェルビーイング』6月29日より開催
2020年以降、私たちの生活や心境を大きく変えることとなった新型コロナウイルスの流行。パンデミック以降の新しい時代をどう生きるのか、アート作品を通して考察する『地球がまわる音を聴く:パンデミック以降のウェルビーイング』が、6月29日(水)より森美術館にて開催される。...
別窓で開く

円安がもたらす「狂乱物価」悪夢のシナリオ 《急性インフレ》《慢性デフレ》を徹底解説
真に警戒すべきは、原油高、ウクライナ侵攻ではない。東京大学大学院教授の渡辺努氏による「狂乱物価『悪夢のシナリオ』」を一部公開します。(「文藝春秋」2022年6月号より))◆ ◆ ◆■「オイルショック」以来の狂乱物価? 昨年後半から、ガソリンや食品を中心に、値上げラッシュが日本で起きていることは、皆さ...
別窓で開く

ハリー・スタイルズ、ツアーを完璧にこなすため「禁酒と10時間の睡眠が必須」と明かす
英歌手ハリー・スタイルズ(28)が、コンサートを完璧にこなすためにプライベートで行っている努力について明かした。ハリーは声を枯らさないために禁酒し、一日に10時間以上の睡眠を取るように心がけているという。ハリー・スタイルズが英メディア『The Mirror』のインタビューに応じ、音楽活動に集中するた...
別窓で開く

米国主導の新たな経済枠組み「IPEF」に台湾は加わるべきではない…香港メディアが主張
米国のバイデン大統領が23日、インド太平洋地域の新たな経済枠組み(IPEF)発足に向けた協議を開始することを発表する。台湾はこの枠組みに当面加わらないことが明らかになっているが、香港メディアがその理由について分析している。アメリカ国家安全保障問題担当大統領補佐官のジェイク・サリバン氏によると、バイデ...
別窓で開く

パンデミック時代のお金持ち体質は、どんな「食べ物」を選ぶ?
食べ物から情報まで、玉石混交のいまの時代。単に手に入りやすいだけの基準で選ぶと、結果として大きなマイナスに? ベストセラー作家で税理士の亀田潤一郎さんの、本質を見極め自分によいものを取り入れる方法とは? ■お金持ちほど体内に取り入れるものに対して敏感お金持ちの人たちは、おしなべて食べるものについて気...
別窓で開く

細野晴臣「いいバンドが僕の周りにいてくれた」19年に迎えたデビュー50周年振り返り
ミュージシャン細野晴臣(74)が21日、埼玉・所沢市の複合施設「ところざわサクラタウン」で、デビュー50周年記念展「細野観光 1969−2021」(6月26日まで)の開催を記念したドキュメンタリー映画上映会を行った。...
別窓で開く

ゴルゴ13が教える海外安全対策マニュアル 〜「ゴルゴ役」舘ひろしの“こだわり”
外交評論家で内閣官房参与の宮家邦彦が5月20日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。外務省が制作した「ゴルゴ13の中堅・中小企業向け海外安全対策マニュアル」について解説した。漫画「ゴルゴ13」を通じて海外の邦人に安全策を指南する動画を外務省が配信。声優として出演した俳優の舘ひろ...
別窓で開く

「円安」は日本にとって悪いことなのだろうか。経済アナリストの森永康平さんは「多くのメディアは円安悪玉論を報じているが、それは一面的だ。インフレ懸念から円安が敵視されるが、日本経済にとって円安のメリットは依然として存在する。メディアの報じ方は偏りすぎている」という——。■「悪い円安論」や「日銀批判」が...
別窓で開く

GDP速報値で鮮明になった「進む世界」と「停滞する日本」の埋めがたい差 実体経済をじわじわと破壊する「経済より命」路線、本当にそれでいいのか?
(唐鎌 大輔:みずほ銀行チーフマーケット・エコノミスト)国民が望んだ「成長を諦めた国」 5月18日、内閣府から公表された2022年1〜3月期の実質GDP成長率(1次速報値)は、前期比年率換算で▲1.0%(物価変動の影響を除いた前期比季節調整値で▲0.2%)と、高成長(前期比年率+3.8%)だった20...
別窓で開く


[ パンデ ] の関連キーワード

スタイルズ ipef gdp ミック ハリー
ひろし